チームオンコロジーとは

J-TOPフレンズ紹介

J-TOP Friends

J-TOP Friends Prgoramは、日本で開催するWorkshopでの受講者のパフォーマンスを参考に、日米のメンターにより選抜された、がん治療に関わる日本の若手医師、看護師、薬剤師の「キャリア・ディベロプメント」に焦点をあてた、日本国内におけるメンタリングをおこなう研修プログラムです。

選抜されたメンバーは、J-TOPのミッションとビジョンのもと、J-TOPファミリーの一員として、J-TOPチューターとともにワークショップやセミナー、その他の活動を推進します。
また、実績に応じてメンターとして活躍の場を広げることもできます。

Goals of J-TOP Friend program

- To provide mentorship opportunities to young oncology professionals who are interested in actively pursuing guidance from and an experienced professional in their discipline.

- To promote the mission and vision of the JTOP program by continued participation in J-TOP activities as Friends, future leaders in Japanese oncology practice, administration, education, and research.

医師:古川孝広

古川 孝広 Takahiro Kogawa

医師

国立がん研究センター東病院 National Cancer Center Hospital East

私は現在、抗がん剤の新薬開発における臨床試験並びにトランスレーショナルリサーチを行っています。
専門領域における乳がんを対象として、J-TOPで学んだチーム医療を推進しながら、患者さんの希望になる医療を行います。
医師:増田紘子

増田 紘子 Hiroko Masuda

医師

昭和大学病院 Showa University Hospital

目の前の患者さんに対し、常に誠実でいたい、既存の治療がいつもbestな治療法とは限らない、という思いが私をJTOPへ導いてくれました。そこで出会った素晴らしいmentor、仲間たちがいつも力を貸してくれます。一人ではなかなか踏み出せない一歩も志を同じくする仲間となら進んでいけると感じています。
医師:松田諭

松田 諭 Satoshi Matsuda

医師

慶應大学病院 Keio University Hospital

チーム医療の形は、皆さんそれぞれのおかれている環境で本当に多様だと思います。自分のスタイルをより良いものにするために、チームオンコロジーを学んでみてください。
医師:原野 謙一

原野 謙一 Kenichi Harano

医師

国立がん研究センター東病院 National Cancer Center Hospital East

J-TOPのワークショップで学んだことが、その後、自身の腫瘍内科医としてのキャリア形成に非常に影響を与えています。
医師:守田亮

守田 亮 Ryo Morita

医師

国立がん研究センター中央病院 National Cancer Center Hospital

多くの職種が、各々の専門性を最大限に発揮し、お互いが上手にリンクすることで最高のチーム医療につながっていくと思います。
日本全国どこにいても、どんな患者さんにも、そういった医療を提供できるように一緒に頑張りましょう。
医師:細谷仁美

細谷 仁美 Hitomi Hosoya

医師

ペンシルバニア大学ペンシルバニア病院 Pennsylvania Hospital of University of Pennsylvania

医療の専門化が進む中、患者さんを主体としたチーム形成が益々重要になっています。自分のチームがどんなものなのか、自分がチームの中でどのような役割を果たせるのか、一緒に考え学んでいきましょう。
医師:三階貴史

三階 貴史 Takafumi Sangai

医師

千葉大学医学部附属病院 乳腺・甲状腺外科 Chiba University Hospital

より良いがん医療を探求していたら、チームオンコロジーにたどり着きました。チームの一員として、乳がんによりもたらされる苦痛が少しでも軽減する医療を実現する為に努力したいと思っています。
医師:寺﨑史浩

寺﨑 史浩 Fumihiro Terasaki

医師

静岡県立静岡がんセンター 肝胆膵外科 Shizuoka Cancer Center

J-TOPを通じて日本のチーム医療を発展させ、患者さん中心の医療に貢献します。
医師:山田英晴

山田 英晴 Hideharu Yamada

医師

東北大学加齢医学研究所臨床腫瘍学分野、東北大学病院腫瘍内科 Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

がん患者さんに関わる一人一人が職種の垣根を超え、病院や地域や国の垣根さえも超えて、チームとなることでがん診療を絶え間なくより良いものにしていく。そのために大切なことを、J-TOPで一緒に学んでいきましょう。
医師:安田知代

安田 知代 Tomoyo Yasuda

医師

JCHO神戸中央病院 消化器内科 JCHO Kobe Central Hospital Gastroenterology

がんは難しい病気です。より良い診療のためには各専門のメディカルスタッフと患者さん・ご家族との連携が必須です。
チームの力があればBestな診療が可能だと信じています。
医師:浦部 昭子

浦部 昭子 Akiko Urabe

医師

国立国際医療研究センター病院 National Center for Global Health and Medicine

Team Oncologyに参加して熱意ある素敵な先輩方に多大なる影響を受けました。何より自分の目標を見つめ直す良い機会を与えていただきました。
私も誰かに良い影響を与えられれば、と思っています。
医師:河田英里

河田 英里 Eri Kawata

医師

京都府立医科大学 血液内科学教室 Division of Hematology and Oncology, Kyoto Prefectural University of Medicine

患者さん一人一人に対するテイラーメイド医療が必要とされるなかで、多業種によるチーム医療はますます重要になっています。自身のおかれた環境で、患者さんが中心のよりよい医療チームを作り、貢献していくことができるように、ともに学んでいきたいと思います。
医師:島津裕

島津 裕 Yutaka Shimazu

医師

日本赤十字社和歌山医療センター Japanese Red Cross Wakayama Medical Center

Team Oncologyのプログラムで、スーパーマンを求めるのではなく、素晴らしいチームを作ることの大切さを学び、またその有用性を実感しました。
患者さんは病院や先生を選ぶことができません。
全ての患者さんにチーム医療を通じて最高の医療を届けられるようなDream Teamを作りたいと考え、日々頑張っています。
医師:平野 秀和

平野 秀和 Hidekazu Hirano

医師

国立がん研究センター中央病院 消化管内科 National Cancer Center Hospital, Gastrointestinal Medical Oncology Division

J-TOPは病院や専門性の垣根を越えて多職種でチーム医療のありかたに取り組む貴重なネットワークです。
全国の仲間の方々と協同し、チーム医療を通じてがん医療の発展に貢献できるよう励んで参りたいと存じます。
医師(病理医):木脇圭一

木脇 圭一 Keiichi Kinowaki

医師(病理医)

虎の門病院 病理診断科 Department of Pathology, Toranomon Hospital

J-TOPで様々な方々と出会い、チームの一員として自分の果たしうる役割について考える良い機会を頂きました。病理医としてそして自身として、チーム医療にどのように貢献できるのか、これからも学び続けて行きたいと考えています。