掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
リュープリンを使った術後のホルモン療法についてお伺いします。
伊藤 淑子(京都府) 2010/04/16
私は、2008年12月に、手術を行い、その後、2009年、1月9日に放射線の是非について、お伺いしたものです。今年の4月で、1年半リュープリンを注射してきたことになります。1回目の注射で、生理がまったくなくなりました。その後は、体の部位、とくに関節にまったく以前とは違う違和感が、起こっています(関節痛)。これらは事前に知らされていたことなので、自分なりに克服してきましたが、それでも今後の治療上に疑問が出てきたので、先生がたの考えを、お聞かせください。今1番気がかりなのは、昨年10月になって、普通に、腰をやや深く曲げる動作をしたところ、腰に痛みが出て、診断によれば、棘上靭帯炎(ヘルニアかも)と言われ、現在MRIの検査結果待ちです。
◆強制的に、更年期になった場合、体の変化の予測がつきません。今後どのような予測不可能な事態が起きるのか、今はとても不安です。担当医がおっしゃるには、「リュープリンが原因ではなく、体質でしょう。」という返答しかされません。何が、いけなくて、何が、良いのか、教えてください。◆これまで腰に大きな異常はなかったため、寝たり起きたりの生活では、とても苦しいです。場合によっては、今ここでリュープリンをやめようと思います。また、その後やってくる。内服薬にもたいへん不安を覚えています。これらについて、いろいろな角度から、今一度、やめるべきか、続けるべきか、先生がたのご意見をください。よろしくお願いいたします。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]