掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

家族関係とコミュニケーション
延命治療と最後の時
そら (神奈川県) 2010/07/27
こんにちは。
父の事悩んでいます。
1月に腰痛が悪化して寝たきりになり、3月に肺がんからの骨転移と判明、放射線、ゾメタで骨の治療、抗がん剤治療も並行して行い6月に退院、よちよち歩きができるまで回復しました。
父は抗がん剤治療が辛いので2クール終わったところで、「もうやりたくない」と言っていましたが、効果が良く出ていたので皆で説得し3クールまでやって、自宅に帰ってきました。
今週「PETの結果も悪く、再びガンが育ってきているので8月2日に入院して抗がん剤治療を3クールしましょう」と主治医から言われたところです。
昨日は初めて胸や背中が苦しいと訴え予約以外で受診。やはり、もう、父にはあまり時間が残されていないのかと思いました。
もし、本当にもうあまり時間が無いのなら、本人がやりたくないと言っている抗がん剤治療を受けさせる意味があるか悩んでいます。
本人に、たとえ余命が短くなっても抗がん剤をやらないで今まで通り自宅でできる限り過ごすか、少しでも余命が長くなる可能性があるなら抗がん剤を受けるかと聞くのが一番ですが、「死」についての話を切り出せません。

また、最後の時には呼吸困難などで黙っていたら自動的に呼吸器や気管切開などで呼吸維持をすることになってしまうのではないかと思いますが、その時が来たら父がどうしてほしいのか、「延命措置はとらず緩和措置だけをしてもらいたい」等といった意思を聞いておきたいのですが、これも、病状が進むにつれますます話題にできなくなってしまいました。
母は「父は気が弱いから”死”についてなんて話題にできない」と言っています。
本人はうすうす感じているとは思いますが、自分からそのような話を切り出す事は無いと思います。
このまま、切り出せず最後の時が来てしまったらみんな(本人を含め)が納得する形で父を送る事ができるか心配です。

まだ、希望を持って抗がん剤治療を受けさせた方がよいのでしょうか?父にはどう言って意思を確認したらよいでしょう?「やりたくないのはわかっていますが、余命を考えた上での選択か?といった事まで突っ込んで聞けない」のが悩みです。
どうしたらショックを与えずに前向きに最後の時についての話を切り出せるでしょうか?





上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]