掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

家族関係とコミュニケーション
がんをどのように子供に伝えるか
中村 美波理 (東京都) 2011/12/28
以前に佐保さんが紹介されていますが、2011年12月23日に開催された、「小児がん患者・家族および子育て世代のがん患者・家族への支援を考える」という公開シンポジウムに参加しました。
親ががんになった時、子供にどう伝えたか、その時の反応はどうだったかなど研究報告や、九州がんセンターでの取り組みや小冊子『こどもたちへの大切なおはなし~大切なときをいっしょに寄り添うために~』の紹介、Hope Treeの活動報告などがありました。

伝えた直後はマイナスな反応を示した子供も、時間がたつと自分なりに受け入れて問題行動もなくなってくる、という話が印象的でした。

今回登壇された演者の先生方(ソーシャルワーカー、臨床心理士、CLSなど)が身近におられて、相談できて、上手に介入いただける環境が理想的ですね。

小冊子に関しては、もちろんただ手渡すだけではだめで、マニュアルなども作成しているそうですが、そのツールを上手に利用して、子供さんとのコミュニケーションをとれるスタッフが日本に増えていくことを期待します。

この掲示板にも、以前「がんをどのように子供に伝えるか」というスレッドがあります。そのときよりも、日本の状況が進んできたと思いますので、再度同じタイトルで投稿させていただきました。

上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]