掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

患者と医療者のコミュニケーション
初診時に炎症性乳がんを疑われた患者としての体験
M.M(千葉県) 2013/04/08
45才、出産経験なし、閉経前

平成24年3月末 右乳房奥に痛みを感じる。
同4月 強く触れると砂袋様なしこりがあるものの、「乳がんは痛くない」とネットで見たので様子見。
しばらくすると熱感を帯てきたので冷却シートで冷やしてみる。
5月2日 朝のシャワー時に、腫れた右乳房に驚く。紅く、乳房全体が腫れた。
ゴールデンウィーク明けを待ち近所の乳腺クリニック受診。腫れと痛みのためマンモ不明瞭、エコーレベル極めて低く、その際に「炎症性乳がんを強く疑う」として、総合病院にドクター指名で紹介状を頂き、当日受診する。エコー、細胞診にてがん確定。
5月末にCT。腫瘍10センチ、腋窩リンパ節肥大(リンパ節転移あり)、遠隔転移なし。ステージ3C。
術前化学療法EC→ウィークリーパクリタキセルを提案される。
6月より化学療法スタート。EC1クールで乳房の赤みはだいたいひき、腫れは治まる。
EC4クール終了時には52%の腫瘍縮小。腋窩リンパ節縮小。パクリタキセル終了時には更に33%縮小。残存腫瘍約3センチ。
平成25年2月、手術の術式を主治医と話し合う。局所再発のリスクなどを考慮し全摘を選択。
3月22日全摘手術。腋窩リンパ節郭清(レベル2)
病理結果は治療効果グレードⅢ完全奏効。リンパ0/10
治療開始時に肥大した乳房から得られたデータが乏しく、術後検体から腫瘍細胞が消失したため、ホルモン感受性、ハーツーなどは不明。以後は経過観察(無治療)となった。

最初のクリニックから紹介されたドクターが乳がんを得意とし、また緩和の指導医だったこともあり、比較的安心して治療に入れました。標準治療を受けさせて頂きながらも、こちらの興味のある治療にも耳を傾けて下さりながら(炎症性乳がんにスタチン、などの情報)丁寧に「できること、勧めないこと」を説明頂きながらの治療であったので初診の臨床所見では炎症性乳がんが疑われてはいたものの、その後 右炎症性乳がん→右二次性炎症性乳がん→右浸潤性乳管がん→右進行乳がんとカルテ記載が変化して行くことにも不安や不信感はありませんでした。手術の結果、主治医も「ここまで奏効するとは実は想像してはいませんでした…」と話された位に術前化学療法の効果があったのですが、再発予防のための治療を選択できる材料が失われたことには若干の不安があり、経口の抗がん剤をしたいとリクエストしましたが、過剰治療になりますし、予想だけで抗がん剤なりホルモン治療なり行うのはQOLの面からもお勧めできません。との説明に納得しました。

初期治療中、多忙なドクターとコミュニケーションをなるべく取るために、勧められていた「患者さんのための乳がん診療ガイドライン」をよく読みました。逆にネットの情報は信頼できるサイトのみに留めていたずらに不安感を増さないようにしていて、ドクターに対しては分からないことの「質問」の目的は「ただの自己主張」ではないようになるべく心がけていました。ドクターも、患者を尊重して下さったと思います。気になる(生存率など)データも、自分がどちらに入るのかは誰にも分からないので希望を持って治療に臨むことだけを考えようとしていました。ナースさん方の笑顔にも助けられました。
短めな診察時間の中、いかにコンパクトに意思を伝えるかが難しいですが、傾聴いただけそうな雰囲気のあるドクターは患者にとって有り難い存在だと思います。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]