掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

患者と医療者のコミュニケーション
74歳の母の乳ガン(トリプルネガティブ)について
ウゾエブ 智美 (静岡県) 2013/06/06
4月15日無事温存手術が終わり、現在放射線治療3週目です。

○湿潤性乳管ガン/病期ステージ1
○しこりの大きさ13ミリ
○リンパ節転移なし
○ホルモン受容体なし
○HER2/FISH法検査により陰性
○組織学的悪性度:2
○切除断箸:マイナス
○脈管侵襲:プラス(40%)

病理結果でリンパ節に転移がなく、しこりも13mmだったので
ステージ1と診断されたのに、
脈管侵襲:プラス(40%)だから非常に転移の確率が高いと言われました。
増殖力も高いタイプで、抗がん剤は必須との事でした。

知りたい事は
○リンパ節には転移がないのに、脈管侵襲:プラス(40%)だと
再発率に違いはでますか?
※リンパ節に転移がなく、ステージ1との事で、ほっとしていたのに、
すでに血管、リンパ管を通りガン細胞が全身に回っているように言われショックです。

○リンパ節への転移と脈管侵襲の違いは何ですか?

母の年齢も合わせお答え頂けると幸いです。
母は身長160センチ39キロと
華奢で体力がない事が、抗がん剤治療に対する不安です。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
  • フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
  • 投稿されたコメントは基本的に編集や削除が行えませんことをご了承ください。編集キーは管理者が必要に応じて使用します。
タイトル必須
投稿内容必須
名前(ニックネーム)必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]