掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
乳癌のKi-67値
まき(東京都) 2013/11/12
ki-67値について教えてください。
自分なりに調べてみました。

(1)ki-67は、癌の細胞増殖(進行スピード)を示すマーカーで、腫瘍の悪性度と正の相関関係を示すことが認められている。

(2)Luminal AかBを判断するのにki-67(増殖関連遺伝子)の数値が高いかどうかが関わってくる。

この(1)と(2)の理解でいいのでしょうか。他に何か情報がありましたらご教示ください。

また、ki-67に関して質問がございます。

(3)病院によって病理結果がki-67、または、MIB-1で示される場合がありますが、これはどのような違いがありますか。
<例>ki-67:50%だった場合は、MIB-1:50%と読み替えができるのでしょうか。

(4)そもそもki-67の最低値、最高値はどのぐらいなのでしょうか。50%などと数値で表されますが、50%の意味するところがよくわかりません。友人Aさんは、Ki-67が90%だったそうですが最高値は100%ですか。

(5)ki-67は15%以上で高値とみなされ、Luminal-B型かどうか決まるのですか?15%という数値は世界共通なのでしょうか。

(6)術前に細胞診ではⅢとⅣだったので組織診で悪性度1、センチネルは陰性でした。術前化学療法後の病理結果でも、悪性度は1で、ki-67が50%でした。
上記(1)に「ki-67は悪性度と正の相関関係を示す」と書きましたが、これは悪性度が高いほど、ki-67も高い数値を示すことだと考えているのですが、私の場合は、術前化学療法をしたので手術時の病理結果に悪性度の低い細胞しか残っていなかったのか(←こうのように考えることができますか?)、悪性度は1であったもののki-67は非常に高い数値を示していました。
このように悪性度とki-67に相関関係がない場合もあるのでしょうか。現時点の研究では、この点はどの辺りまで明らかになっているのでしょうか。

(7)術前は腫瘍の大きさやホルモン感受性が共に高値、Her2(-)でLuminal-A型と思っていましたが、ki-67が高値のため、Luminal-Bとわかりました。その場合、術前化学療法に加えて、術後にもまず化学療法をやるのが推奨されているのでしょうか。それとも、術前に化学療法をやっているので、ホルモン療法を術前におこなう方が多いのでしょうか。
術後の治療を考えるときに、どんな因子を考慮して主治医を治療方針を決めればいいでしょうか。

(8)ki-67が高いとそれだけ再発の可能性が高くなると考えていいのでしょうか?
ki-67の再発リスクの因子の位置づけ(重要さ?)はどう考えればいいでしょうか。例えば、腋窩リンパの転移数、脈管浸潤の程度など他の再発リスク因子と比較してどのくらいki-67の比重は大きい再発因子なのでしょうか

(9)友人BさんはLuminal-Bで手術時病理検査ki-67:55%でした。<腋窩リンパ転移なし、ホルモン感受性高(ER+80%・PgR+50%、Ⅱb(3cm×3cnの腫瘍)、悪性度2>、術前化学療法後TCを実施したので、術後はホルモン療法をおこなっておりましたが残念なことに3年後に遠隔転移が見つかったそうです。Bさんたっての希望で遠隔転移部分の細胞診をおこなったとき、ホルモン感受性はER+60%(術時より-20%)、PgR+20%(術時より-30%)、ki-67:35%(-20%)でした。初発と再発では、病理検査の結果が異なる(癌の性質が変わる)ことがあるとは聞いていますが、術時より転移時の時の方がki-67が低くなることもあるのですか? 低いといっても35%はいずれにせよ高い数値なので、数値の上下は関係なく、15%ぐらいを境界線にただ、ki-67の発現が高いか低いかだけを見ればいいのでしょうか。

(10)これから先も長い期間、術後治療をおこなう身としては、治療によって、術時病理検査でのki-67:50%が下がってくれることを願っているのですが、再発しない限り検査の方法はありませんが、治療が効力をはっきすれば、ki-67の数値も下がると考えていいのでしょうか。

長々と質問してしまい申し訳ありません。
乳がん患者同士で会う時も、ki-67のことが話題にあがります。自分のカルテ開示などができるようになった一方で専門的な用語や、数値に惑わされていると感じることがあります。
そういったものに惑わされないように、正しい知識をもって治療に望みたいと思います。しかし、限られた診療時間内で先生にお聞きできることには限度がありますし、本やインターネットで溢れている情報の精査と整理も思うようにできないこともあります。患者同士で話していると、解釈が違うこともあり、正しい知識を知ることの重要性を改めて感じています。
こういった信頼できる掲示板があることに本当に感謝しています。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
  • フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
  • 投稿されたコメントは基本的に編集や削除が行えませんことをご了承ください。編集キーは管理者が必要に応じて使用します。
タイトル必須
投稿内容必須
名前(ニックネーム)必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]