掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
オンコタイプDXの中間リスクと術後療法について
パリス(北海道) 2014/01/24
はじめまして、ご相談させてください。

昨年11月末に左胸の乳房温存手術を受けました。
今月から放射腺療法とホルモン療法の治療を開始しています。
・年齢41歳・女性
病理結果
・浸潤性乳管癌
・腫瘍径7×6mm 侵潤径5×4mm
・センチネルリンパ節転移なし
・ER(+)100% PgR(+)70%
・HER2 2+ →FISH検査をし陰性
・断端は陰性
・KI67 30%
・グレード1(2+1)
・明らかな脈管侵襲は認めず

オンコタイプDX結果
・スコア18・再発率11%・ER 8.1 PR 7.6  HER2 9.2

主治医からKI67の数値が高いため、化学療法が必要かどうかをはっきりさせるためオンコタイプDXの検査を薦められました。
KI67の数値以外は特に問題は無く、主治医も自身の経験からも低リスクででるでしょうとのことだったため、今後治療へ向けて自分の気持ちをすっきりさせるため検査をうけたところ、スコアが18という中間リスクになってしまい、予想外の結果に非常に気持ちが落ち込んでしまいました。結果について、主治医は化学療法は必要ないとの一言で内容について詳しい説明もなく、納得できないまま次の治療(放射線療法+ホルモン療法)へ進んでしまい不安がつのっています。

①上記の私の病理結果からは化学療法は必要ないのでしょうか
②ネット上ですが調べていくと、いろいろな方の病理内容とオンコタイプの結果をみていると、日本の病理結果が悪くてもオンコタイプのスコアが低スコアがでているのですが、この検査についてどうしてそのようなことになるのか内容を少し詳しくご説明していただければ助かります。私の病理結果で、オンコタイプの結果が中間リスクというのは高いと思うのですがどうしてこのような結果がでたのでしょうか。
③放射線治療についても、年末年始があったため術後9週間経ってからの治療ですが、今後再発への影響はないのでしょうか
④ホルモン療法についてですが、現在タスオミンを服用しております。主治医からオンコタイプの結果が自分で高いと思うなら、リュープリンを併用したらとの説明だけだったのですが、副作用もあるので納得した上で併用したいと考えます。この治療が私には必要で効果があるのか、併用するとしないのとではどの程度ちがいがあるのか教えていただければと思います。

以上、どうぞよろしくお願い致します。








上記テーマに対してコメントを投稿します。
  • フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
  • 投稿されたコメントは基本的に編集や削除が行えませんことをご了承ください。編集キーは管理者が必要に応じて使用します。
タイトル必須
投稿内容必須
名前(ニックネーム)必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]