掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

その他
癌患者どうしのコミュニケーションについて
癌患者仲間(埼玉県) 2017/01/08
貴サイトに何度か相談している癌患者です。
毎回、親身なるアドバイスいただき、おかげさまで、私自身は寛解状態となり、職場復帰果たすことができました。
あらためて御礼申し上げます。
その一方、同病のお仲間には、再発・転移となってしまう方もあり、その場合のコミュニケーションについて、ご相談いたします。
局部再発でしたが、いきなり脳に転移してしまった友人です。
脳への転移ということのみ伺っていて、現在の医療的な状況はわかりませんし、それを直接ご本人にたずねることは憚られます。
私も癌患者として、脳への転移の意味合いはわかりますので、その一報に触れた時には、ショックで非常に動揺しました。
私ですらそうしたわけでして、当該ご本人様のお気持ちを察するだけでも、胸がひきさかれる思いです。
でも、仲間として、なんとか気持ちを通わせたい。
孤独に闘病する友人に、私たちがいつも心を寄せていることを伝えて、いくばくかのよすがというか、共に支えあっていきたい…そんな思いがあります。
ガンマナイフ療法のため、頭髪を剃ってしまっているかもしれず、体調の厳しさもさることながら、いつも身綺麗な友人にとっては、私たちに会いたくない状況かとも想像しています。
寛解状態の私は、友人にとっては恨めしい存在かもしれません。
共に励ましあって、癌という病気と対峙してきました。
癌という厄介な病でしたが、しかし、同病の仲間という素晴らしい宝物のような知遇を得られました。
その宝物の友人が、今、厳しい状況です。
こうして文面を書いていても、涙が込み上げてきます。
家族の方々とはまた違う存在の患者仲間としての私たちは、この友人にどう接していったものか、ご経験やご意見など教えてくださいませ。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]