掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
原発不明癌 について
アビ(大阪府) 2017/11/12
五月に頸部にシコリが見つかりPETやCT検査、他の臓器の検査も進めていただき結果、原発不明癌腺癌と診断されました。8月からカルボプラチンとパクリタキセルの臨床実験に参加し、1週間に一回の抗ガン剤をうけています。
6週間に一度のCT検査も先日2回目でしたが現在、頸部リンパ、腹部リンパ、肝臓に転移巣がありますがわずかな縮小しかみられていません。
通常3週間に一度の抗ガン剤が多い中、今している抗ガン剤は副作用も少ないと聞いたのでまだ、子どもに手がかかるので臨床に参加すると決めたのですが12月には6クール全て終了します。後は経過観察と言われています。
抗ガン剤に入る時には意欲もありましたが、先が見えなくてとても不安になっています。

臨床に入る前には、先生とお話しする機会もありましたが抗ガン剤が始まると、副作用の報告などだけで流れ作業のような気持ちになります。

原発不明癌は決して治療という言葉は使わず延命であるともききました。

体重減少もなく日常生活には支障ありません。
本人の体力があれば違う抗ガン剤などの治療も期待しています。
そういった事が今まであるのでしょうか?

よく、ネットでフランDグルコースというサプリのような宣伝も目にとまりますがどなたか、実践された方はいらっしゃいますか?
ただ、経過観察だけで何もしないでは不安な気持ちになります。

それと、緩和ケアとは具体的にどういった事をするのか教えていただければ嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]