掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
抗がん剤の判断基準について
さとこ(兵庫県) 2018/03/08
1月末に右乳房の部分切除を行い、先日以下の通り病理結果が出ました。
ER:100%、PgR:5%、HER2:score0、ki-67 labeling index<1%
Nuclear grade1(Total score3)
Histological gradeⅠ(Total score4)
センチネルリンパ節転移なし
※術前の針生検ではER:90%、PgR:5%、HER2:score0、ki-67 10%
主治医からは放射線治療とその後にホルモン治療でタモキシフェン5年と言われております。注射については1%程度の上乗せなので、どちらでもかまいませんとのことでした。
抗がん剤については特にすすめられなかったのですが、PgRが5%ということで気になるのであればオンコタイプをと言われましたが、高額のためその場では断りました。
しかし、ネットで色々調べていたところPgR陰性~低値では、ルミナルBとなるようで、抗がん剤が本当に必要ないのか気になりました。
この場合はやはりオンコタイプを受けるべきでしょうか?
ki-67が1%、グレードが1であればそれほど気にしなくても良いのでしょうか?
また病理結果には脈管侵襲についての記載がなく、調べていないのかと気になりました。通常は脈管侵襲についての記載はありますよね?ネットで探しても記載されていない人は見かけませんでした。
主治医に確認できればいいのですが、放射線治療が終わる4月末まで、主治医に会うことがありませんので、よろしければご意見をお聞かせください。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]