掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

家族関係とコミュニケーション
家族を説得する為、代替医療が効かないと言うデータが欲しいです
さとみん (東京都) 2018/04/11
おかしな質問内容で申し訳ありません。

既婚、子供有です。
昨年10月に乳がんと診断されました。
ステージ1(17ミリ)
充実性癌
リンパ節転移無し、脈管侵襲無し、中心壊死あり
ERスコア7 PGRスコア0 Her2 +1
グレード2
KI-67:34%

昨年10月に超音波、組織診で乳がん判明
11月初旬には全摘手術
11月末には上記病理結果判明
12月初旬にオンコタイプオーダー
12月下旬に結果判明 高リスクスコア(48)
今年1月年明けから
Dose dense AC療法4回+パクリタキセル4回+ジーラスタ7回
4月中旬 抗がん剤終了予定、その後ホルモン療法、LH-RH注射までやるかは主治医と相談中

私としては「全摘・抗がん剤2クール・今後ホルモン剤で、現時点でやるべきことは全てやった。」と言うスタンスです。
夫が理系出身なので、主治医と夫のあくまでもデータと証拠に基づいたアドバイスで治療をやってきたつもりです。
主治医からも、「皆さんいろいろ悩まれて時間が掛かる中、冷静に、乳がんと判ってからサクサクと半年で初期治療を終えたのは理想的。」と言われています。

ただ、私の両親も夫の両親も本やテレビで報道される断片的な情報だけを元に、更に代替療法を進めてきます。
我々夫婦もその度に「心配はわかるけど、効果がはっきりしたものではないから。」と断っているのですが、一時期は免疫療法に何百万も払って勝手に申し込みそうでしたので、慌てて止めた経緯があります。

医療に関わる皆様の間で「代替療法が効かない」と明確に、素人向けに説明した資料や冊子などはご存知ないでしょうか。

お互いの両親は最早歯止めが利きません。自家ワクチン・免疫療法・オプシーボの自費投与と次々薦めて来ます。

そもそも高リスクとは言え、ステージ1で抗がん剤2クールやってますので、将来の再発転移は10%前後のはずなので心配しなくても大丈夫と伝えているのですが、その10%を何とか0%に出来ないのか、と言うのが両親のスタンスです。

(あまりにしつこいので最近では根負けして、小林製薬のシイタゲンだけは飲んでいます。費用的にも月数千円ですので。)

代替療法は5000人患者がいれば数人は効くかもしれません。ただそんなレベルですよね?
両親は公式発表と言った公的・形式的な情報には弱い世代ですので、代替医療全般に対し何かそう言ったものがあると大変助かります。

どうぞよろしくお願いいたします。  
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]