掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
全摘出後 切除断端陽性 治療方法について
K(岡山県) 2018/10/02
いつも勉強させて頂いております。本当にありがとうございます。
妻が細胞診にて左乳房及びリンパ節に悪性腫瘍と診断され全摘手術をした者です。
病理検査結果(主治医のお話をメモしました)ですが、浸潤癌(乳頭腺管がん)、浸潤径2.5cm、波及度g+f、リンパ管侵襲+ly1、血管侵襲+v1、ER+、PGR+、組織学的悪性度グレード3、Her2+2/+3、リンパ節転移13個(切除)中1個(転移)、ステージ2b、サブタイプ:トリプルポジティブとのことでした。
今後の治療ですが、AC療法(2週毎×4回)+ハーセイプチン&タキソール(1週毎×12回)+ハーセプチン(3週毎×14回)+ホルモン治療とのことです。
その後、自分で調べたところ、おそらく標準治療であり、全て納得なのですが、
気になることが一つ。切除断端が陽性であったとおっしゃったことです。。。
ネットで調べましたが、切除断端陽性の方は部分切除の方達ばかりで、全摘出で切除断端陽性と判定された方の情報が拾えません。
主治医からは、しっかりと取り切ったので、局部再発の可能性は低い。追加切除も放射線治療も必要ないと思う。万が一、局所再発したらその際に処置すれば良い。また、どうしても気になるようであれば、放射線治療はやるとしても追加切除はやらないで大丈夫とのことでした。
どうしても、そこの部分が気になり、スッキリしません。
一般的な治療はいかがなものでしょうか?

どうぞ、よろしくお願い致します。

追伸:10/10に抗がん剤の説明等で再診予定です。それまでにコメントいただけましたら助かります。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]