掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
肺がん/ シスプラチン+アリムタ+アバスチン3剤併用療法について
KN(大阪府) 2018/10/05
参考にさせていただいております。
件名の通り、シスプラチン+アリムタ+アバスチン3剤併用療法についてお尋ねさせていただいただきたく投稿させていただきました。

現在私は33歳で、肺腺がんで抗がん剤治療を受けております。
右肺に原発巣があり、加えてリンパ節転移と胸膜播種があることからStage4aと診断されています。

当初キイトルーダの投薬を1コース受けましたが、
その後にシスプラチン+アリムタ+アバスチン3剤併用療法に切り替えて現在3コースの投薬を終えています。
これら薬剤の効果があって、レントゲン、CTを見ると腫瘍はかなり小さくなってきております。

主治医からはシスプラチン+アリムタ+アバスチン3剤は4コースまでとし、それ以降はアリムタ+アバスチンの2剤併用療法に切り替えると言われているのですが、
これら3剤が非常によく効いていることから、私としては、6コースまで実施した上で2剤へ切り替えできないか、と考えています。

主治医からは副作用による体力低下も考えると2剤への切り替えを実施するなら4コースで切り上げた方が良いと言われていますし、メーカーのホームページにも2剤の維持療法に移行する場合は3剤は4コース以内と書いてあるのですが、
私としてはまだ若く体力もあるので、なるべく最大限投与可能な6コースまで実施の上、2剤へ移行できたらと考えております。

そこでお尋ねしたいのですが、一般的には、やはりアリムタ+アバスチンの2剤へ移行することが前提となっている場合、シスプラチン+アリムタ+アバスチン3剤併用は6コースではなく4コースで切り上げることになっているのでしょうか?
また、もしも3剤を6コース実施した上で2剤へ移行したケースなどをご存知の方がおられれば、ご教示いただければありがたく思います。

ちなみに現状、副作用は嘔気は投与後3−4日程度強めに出るのですが、白血球は正常値の範囲内におさまっているなど、他に目立った副作用は出ておりません。

何卒よろしくお願い致します。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]