掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
ALPの高値について
まる(大阪府) 2018/12/12
2016.12左乳房浸潤性乳頭乳管がんとの診断。全摘後病理検査の結果ステージ1、ルミナールB+HER2陽性タイプで抗がん剤治療(TC療法)からハーセプチン治療を経て現在ノルバデックス服用中です。
3ヶ月ごとに採血を行い、1年ごとにマンモグラフィと胸部レントゲンを行なっております。
今回初めてALPの値が639という高値でした。腫瘍マーカー(CA15-3.CEA)は基準値内です。診察時とくに主治医からALPの話はなく、診察後に採血結果表を頂き初めて目にした次第です。AST.ALT.γGTPは基準値内ですし、これまでALPは基準値内だっただけに骨転移じゃないかと心配です。現在腰痛はありますがロキソニンを飲めば治まります。
ALPの値が高くなってもまた基準値内に戻ることがあるのでしょうか?
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]