掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
リュープリン注射を追加するか迷っています
けろ美(宮城県) 2019/03/29
はじめまして。
主治医へ返事をする前に、頭の整理ができたらとご相談させていただきます。

46歳 閉経前
【針生検】
浸潤性乳管がん、 腫瘍径25〜30ミリ、ER90% PR90%、HER2(−)、Ki67 38.4%
ルミナールB、ステージ2

【術前化学療法】
TC療法 3週毎4クール
腫瘍は小さくない、増殖能高め、ホルモン療法だけで安全とは言えない→抗がん剤を選択
温存希望で、腫瘍縮小も期待して術前を選択

【手術: 部分切除】
抗がん剤で腫瘍は10〜16ミリとなり、きれいな形で温存していただけた。

【病理検査】
組織学的治療効果Grade1b
リンパ節転移なし、切除断端陰性、浸潤径2.8センチ 浸潤径+乳管内進展巣2.8センチ、Nuclear grade1(atypia:2、mitosis:1)、histological grade1(tubular formation:1, atypia:2, mitosis:1)、ER陽性(8/8) PR弱陽性(3/8)、HER2(−)、Ki67: 3%


現在術後4週目です。術後3週目からタモキシフェン開始、来週から放射線も開始します。抗がん剤2クール目から生理は止まっています。

主治医からは、「40代後半でも生理が戻る人もいる」「半年〜1年後に生理再開した時に後悔する人が多い」とリュープリンもすすめられています。

私はこの掲示板の情報も拝見して、
①抗がん剤もしたし、悪性度は低い方で効果も低いのでは。
②抗がん剤後に生理が戻ったとしてもタモキシフェンで5年間は予防できるのでは。もしくは戻ってからリュープリン開始では遅いのか。
③45歳以上にはすすめない医師もいる。
④更年期障害,性機能障害,骨粗鬆症などの有害事象が増加する。

以上より、できれば注射しない方向で考えています。要は卵巣機能が戻るのかどうか、なのだと思いますが、現時点で調べる方法も無さそうなので迷っています。やはり気持ちの問題でしょうか。同じような体験された方や、他のご意見、何でもご感想いただけますと幸いです。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]