掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

患者と医療者のコミュニケーション
乳がんのステージの決め方に関して
はな(千葉県) 2019/04/01
浸潤径とステージに関して、術前の評価と術後の病理結果の乖離に関して、主治医の先生のご説明が理解しきれず質問させていただきます、よろしくお願いします。

術前の画像診断の時点では、乳管内伸展があり2つの腫瘍がつながっているように見えるので腫瘍径は3.5cm、N0M0と言われていました。
術前治療なしで手術した結果、術後病理では最大浸潤径は1.5mm、N0という病理レポートが出ています。(レポートにT、ステージの記載はなし)

先日、保険に診断書が必要なため記載してもらったところ、T2N0M0 Stage2と記載されたものが戻ってきました。
私は(ステージもTも)1なのだと思っていたのですが、診断書には2との記載がありましたので主治医に尋ねたところ、「pTと記載してあれば1だがTNMとだけ書かれている場合のTは2なのでステージは2になる」とのお答えでした。

この場合の私のステージはやはり2ということになるのでしょうか。
画像診断よりも顕微鏡で見た術後病理の方が正確なのだと思っていたので腑に落ちず、その一方で、思っていたよりも病期が進んでいたという事なのかと不安でもあります。

最初の画像診断は他院で行っており、「つながっているように見えるんだよね‥」という不確か(?)な印象でステージが決められてしまうものなのでしょうか。

主治医の先生には「表記上の問題だから」という事でこれ以上取り合ってもらえず、でもやはり気持ちの整理がつかず、ステージの考え方を教えていただけないかと書き込みさせていただきました。よろしくお願いします。

上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]