掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
非浸潤性小葉がんの治療について
ふみ(東京都) 2019/05/19
45歳です。二次検診で石灰化の変化を認められて、マンモトーム生検をし、左胸下方に非浸潤性小葉がんの疑いとなりました。

二次検診では経過観察かマンモトームかどちらかを選択で良いと言われ、マンモトームを選択しました。
マンモトーム時にそれ程悪くなさそうだからクリップは入れないと言われましたが、今回疑いとの結果でショックを受けています。
左胸の上方のもう一ヶ所の石灰化も、マンモトーム生検をしました。まだ結果待ちです。

確定診断を受けるため、外科的生検をし、確定したら3週間の放射線治療とのこと。2回目のマンモトームでも疑いが出たら、外科的生検を二ヶ所行うかどうかなど検討し直すようです。

外科的生検は、マンモトームをした位置を追って行うので、早い方がいいと一応、一週間後に予定しています。


非浸潤小葉がん治療の選択肢として、主治医の先生に言われている今の予定は、標準的なものでしょうか?
非浸潤性小葉がんの選択肢はどのようなものかいろいろ知りたく質問しました。
外科的生検をした時点で、がん部分をすべて取り去るということでしょうか?
乳房全摘が安全でしょうか?
右にも石灰化はあります。予防的にホルモン治療はすべきでしょうか?
知識を得て確かな治療を行いたいです。よろしくお願いします。




上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]