掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
小葉型乳がんの手術(皮下乳腺全摘)と再建について
まるこ(三重県) 2019/06/21
2018年10月に小葉型乳がんと診断されました。
ホルモン受容体陽性
HER2陽性
ki67 31.9%
リンパには極少量の転移あり
(肥大リンパ節は無いのですが、針生検で極少量、転移が見つかりました)
腫瘍は17mmと、パラパラと小さい腫瘍がいくつかありました。
術前化学療法を受け、抗がん剤の投与が終わった時点でのエコーでは8mmの影、MRIとCTでは消失CRという判断でした。

手術は小葉型ということもあり、全摘を予定しています。再建を希望しているのですが、術後の病理検査とリンパ転移数によって放射線治療をするかどうか決めると病院でいわれました。

現在、治療を受けている病院では自家組織での同時再建はしておらず、その病院では放射線をするかもしれないのでエキスパンダーでの同時再建はできません。

私はできれば、乳頭も残した全摘をしてほしいと思っています。腫瘍の元々の位置は乳頭から近いところではありませんでした。病院では、おそらく乳頭を残すことも可能だが、病理検査で断端陽性が出れば、追加切除すると言っていました。

皮下乳腺全摘または乳頭乳輪温存皮下乳腺全摘は、同時再建をする場合のみ、選ぶ価値がありますか?二次再建になる場合は、乳頭および皮膚は残しておかない方が良いのでしょうか?

自家組織での同時再建が今の病院ではできないことを最近知り、ほかの病院を探すか、もうあまり時間の猶予も無いので、今の病院で全摘だけ受けるかも迷っています。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]