掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
乳がん遠隔転移治療と食道がん治療について
k(大阪府) 2019/07/22
昨年12月に上記内容で質問した者です(CA15-3と食道がんの関係)
その節はお世話になりました。
年明けよりハーセプチン、パージェタ、パクリタキセル投与開始
パクリのみウィークリーも白血球低下にて投与無の週もあり。

これを約2ヶ月弱した時点で食道のほうの外来受診の為CTを撮ったところ
ほぼ転移巣は消失、マーカーも正常値となりました。

そして3月末あたりから食道がんFP療法と放射線28日間を受けましたが
こちら消滅しきれず、10日ほど前にESDを受けました。
FP療法を受ける前に、乳がん治療のためのパクリが多少効いたとのことでしたが
それをしてもFPなどでは取り切れず。

ESDを受ける前(放射線後)のCTとESD時の目視ではたった1ヶ月で
大きくなっていたとのこと。
ESDの病理結果は来週で、場合により外科手術かもらしく私は過去に胃切除2/3を
行っているので腸とつなぐ大きな手術になりそうです。

当初からその外科手術は拒否の意を伝えていました。
ですが、2,3ヶ月の乳がん遠隔転移治療効果が出てしまった(?)ため
手術を勧められそうです。

本来なら、遠隔転移したら治らないのが常節のはずで
そんな体で大きな外科手術を受けるなんてと思っていましたが

パージェタの登場により、言葉足らずですが下手したら完解完治?し
受けたくもない手術を受けることになるのでしょうか。

乳がん遠隔転移はマイルドに進むのでどちらかといえば食道がんを放置した状態は
気になっていたのですが、主治医より遠隔転移が見つかった時に
平均余命は3,4年だから・・ということで乳がん治療を優先されましたが

食道のほうを優先したいと強く言えばよかったと後悔しています。
よく大きな病院だと手術は2,3ヶ月待ちは当たり前で、そのような短い期間では
癌は大きくなりませんよという答えを見聞きしますが

私のFP療法放射線後、たった1ヶ月で大きくなったという事は食道がんの悪性度が
高いのでしょうか?(そもそも同じ扁平上皮癌で悪性度の違いってあるものですか?)

タラレバの話になりますがもし悪性度に差があるなら
最初に食道がんが見つかったのが昨年11月、それから乳がん転移のことがあり放置し
FP療法開始が今年3月と半年近く何もしない(乳がん治療オマケのパクリのみ)
ということが悔やまれます。

手術を避けて抗がん剤という選択はありますか?
その場合何になりますか?

ちなみに3月終わりにFP療法を受けてから本日まで、乳がん治療は一切受けていません。
今週再開となっていますが、食道治療がまた何らか始まるなら乳がんの方は
先延ばしにしたいのが本音です。

後、以前より遠隔転移は早く見つかっても生存率に変わりはない、意味がない、
と見聞きしていました。
では今、乳がん転移による症状はないので
食道がんを完全に治すまでは
乳がんに対してはしばらく何もしたくありません。

ご意見ご教示をよろしくお願いします。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]