掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
乳癌ホルモン療法 アロマターゼ阻害薬の分量について
S(千葉県) 2019/08/05
sumomo様 
乳腺外科医のSと申します。返信を投稿しようとしたところ、既にご質問が削除されておりましたので、疑問が解決されていたら良いなと思いながら、一応他にも同様のお悩みをお持ちの方がいるかもしれないので、お返事を書かせて頂きます。

アロマターゼ阻害薬の副作用が大変おつらいようですね。
分量を減らしても治療効果が変わらないか、と言うご質問かと思います。
アロマターゼ阻害薬の治療効果は、体内のエストロゲン濃度が下がる事によって得られます。ですから、一般的には治療効果と引き換えにエストロゲン濃度の低下によって生じる副作用は、ある程度受容して頂き、上手く付き合っていく必要があります。つまり、つらかった副作用がお薬の量を調節して出なくなったとしたら、それはエストロゲンが十分に低下していないため、治療効果も期待できない可能性が高いと言えます。(もともと副作用のない方は薬の量が足りないとか、治療効果が期待できない、と言う意味ではありません。)
現実的には副作用の出方は人それぞれですから、様々な対策をしても副作用がとてもきつくて続けられない方もいます。そのような場合には、まず休薬して今困っている症状が本当に薬の副作用によるものか確認し、やはりそうであった場合には薬剤を変更するという選択肢があります。
sumomo様は既に主治医の先生に相談をなさっているようですが、もう一度、副作用がきつくて、このままでは継続が困難な事、副作用を軽減する方法が休薬以外に無いか、他の薬剤に変更できないか等を、主治医、看護師、薬剤師さんに相談なさってみてはいかがでしょうか。海外にお住まいとの事で、もしかすると医療スタッフとのコミュニケーションがとりにくいのかもしれませんが、長く続けるお薬ですので、是非十分に話し合って方針を決めて頂ければと思います。sumomo様にとってより良い治療の選択肢が見つかりますことをチーム皆で願っています。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]