掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
前立腺がんではない
優璃(埼玉県) 2019/08/30
はじめて投稿させていただきます。よろしくお願いします。
父に血尿が続き、今年の5月から医大の泌尿器科で検査を受けていました。
排尿障害があり、尿道カテーテルの指導を受けて自己導尿をしていたのですが、
高齢な父はそれがうまくできていませんでした。

8月、40度の熱を出し、近くの病院に緊急搬送してもらいました。
膀胱から腎臓にまで尿が逆流し、尿路感染症・腎盂腎炎と主治医に言われ、全身状態が悪いので、がんの疑いもあるとのことでした。
医大の泌尿器科のデータはその病院にはありません。

その後、前立腺がんの腫瘍マーカー(PSA)の値が54と高く前立腺がんがうたがわれるので、通院している医大の泌尿器科に行き、詳しく検査を受けるように言われました。
医大では5月からの検査でがんを疑うものはないとのことでした。

疑問を感じた家族は、同じ医大の系列でがん専門の医療センターに予約を取り、そちらの泌尿器科に紹介状を書いてもらい、改めて血液検査、尿検査、そして緊急で搬送された中央病院のCD(画像)データ、系列の医大の過去の診療履歴を診てもらい5月からのエコー画像・CT画像を診てもらいましたが、やはりがんはないとの診断。

尿道カテーテールを導入するとPSAの値が跳ね上がるからそれが原因でしょうとのことでした。
しかし、家族としては緊急で搬送された病院の主治医の話し方(感情表現)から、えぇ、今は誰を何を信じていいの?がんが否定されているのも関わらず、逆パニック、動揺・呆然としています。
医大の主治医は教授、がんの医療センターの主治医は若手。教授ががんを疑うものはないと言ったんだったら、俺ががんでしたなんて言えるわけないじゃんなど疑心暗鬼に陥りました。
本当にこれでよかったのか?気持ちの整理をさせてください。
よろしくお願いいたします。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]