掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
乳がんの抗がん剤治療開始時期の遅れに対するリスク
りんご(青森県) 2019/08/31
はじめまして。閉経前の48才です。今年4月に乳がんと診断されてから、情報収集と病気への理解を深めるためこの掲示板を拝見させていただいています。内容が難しくよくわからないことも多いのですが、先生方の思いやりに満ちた誠実な回答を見るたびに、勇気づけられています。
さて本題ですが、6月に右乳房を全摘(乳頭乳輪温存)、7月に病理結果が出ました。
浸潤がん(硬がん)   浸潤径8mm
センチネル生検 陰性  脈管侵襲なし
グレード2   ER95% PgR95%  
HER2 0    ki67 25.5%
主治医からは抗がん剤治療を勧められましたが、ホルモン受容体陽性率が高いのでオンコタイプDX検査を希望しました。ところが県内ではその検査を実施している医療機関がないので、すぐには受けられないとのことでした。
他院での検査は私の負担が大きくなるので、自院で検査を受けられるように準備を進めていただいておりますが、数か月かかるそうです。(年内を目処)
もし、抗がん剤治療が必要となった場合、治療開始時期の遅れが再発リスクをどの程度高めることになるのでしょうか?
ちなみに7月よりタモキシフェンを服用しております。このままホルモン療法で済めば無用な心配ですが、時間が経過するにつれ不安が募り、気持ちが揺れ動いています。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]