掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
ホルモン療法の選択について
みかん(神奈川県) 2019/09/01
初めて投稿致します。
乳がん術後、45歳閉経前です。温存術後、放射線治療、これからホルモン療法へ移行します。
腫瘍径1.5、ki67 6,9%、脈管等侵襲0、センチネルリンパ節1/3微小転移、非郭清、ルミナルAです。
ご意見を伺いたく、質問させて頂きます。

タモキシフェンとリュープリン、ゾラデックスどちらかの併用をするように言われました。
理由①センチネルリンパ節微小転移があった
理由②月経周期が安定していて現在も毎月生理がある
①②は、併用する理由となり得るのでしょうか?
年齢、抗がん剤の使用有無から見ると試験結果では併用効果は大きくないと思います。
それでも、しないよりしておいた方がよいという意味はあるでしょうか?
なかでも、センチネル微小転移があったことを強く理由として挙げられます。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]