掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
ホルモン受容体について
M(北海道) 2019/09/23
エストロゲン受容体が10パーセント
プロゲステロン受容体が70パーセントと言われました。
閉経前の48歳です。
HER2は0
ki67は5パーセント未満
とのことです。
大きさは11センチ!(しかしいくつかの集合体と思われる)
術前生検では非浸潤と言われてましたが、病理検査の結果浸潤性小葉ガンとの診断です。
全摘してます。センチネル生検のみで腋窩郭清してません。
リンパ転移はあるが微小なのでなしの扱いということでステージ3aと言われました。
放射線、抗がん剤なし
タモキシフェンのみです。

お尋ねしたいのはエストロゲン受容体が10パーセントしかないのにタモキシフェンでいいのかということです。
プロゲステロン受容体は高めかと思いますが、タモキシフェンはエストロゲンがガンと結びつかないようにする薬と認識してたので。
プロゲステロンの方をなんとかした方が効率がいいのではないかと、単純に考えてしまうのです。


上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]