掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
高齢者の悪性リンパ腫治療について
黒猫(東京都) 2019/09/26
母83歳が今年3月DLBCLステージ2でRCHOP6コース終了し寛解に至りました。
治療中は薬の副作用を含め体には特に問題は出ませんでしたが、
心は神経症、心身症、不安発作となり、退院後しばらくは鬱になりました。
7月にようやく回復し体調も昇り調子でしたが、9月中頃暑さだるさを訴え
測ると37.2度。

その後毎日計測してみると、夕方から夜に37度~37.2度(1回のみ日中37.5)になっていると判明しました。

定期検査結果はCRP0.08 LDH260 sIL2R300、どこかに再発している可能性は
0ではないと、すぐにもCT検査と薦められました。
が、母は、再発の可能性と聞いただけで、再び鬱傾向になってしまいました。

仮に微熱がリンパ腫由来のものとして、母が受けられる治療はあるのでしょうか?

当初家族皆悪性リンパ腫に無知で、医師の治るとの言葉に母も治療を選択しました。
当時は治る可能性を捨てることは出来なかったですが、
今は果たして治療は正しい選択だったのか、と悩む日々です。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]