掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
治療に前向きになれず精神的な苦痛が続いています
HN(東京都) 2020/01/04
昨年10月乳がんと診断されました。
HER2タイプ、核グレード3、リンパ節転移あり、ステージⅡB
術前化学療法、全摘、放射線治療、分子標的薬治療の予定です。

12月から化学療法を開始したので既に頭は禿げてしまい、手も黒くなり、爪は2枚爪、味覚異常や口内炎が続いています。
カツラは煩わしく手間がかかり、なんでこんなものにお金を使わなくてはならないのかと悲しくなります。
そのため外出が苦痛です。特に知り合いには会いたくありません。

また胸が片方なくなることは考えただけで耐えきれないです。
片側に一直線の傷が付いた平らな胸を想像すると気が狂いそうです。
リンパ節転移があって放射線治療が必要なため同時再建は出来ません。
もし後から再建するとしてもインプラントは使えず自家組織でと言われました。
ただ自家組織も放射線治療後は成功率が下がるそうですし、年齢や身体への負担や長い入院期間を考えると、そのまま片胸で一生過ごすことになると思います。
これから一生変な下着にパッドを詰めて過ごすのかと思うと涙が出ます。惨めです。

手術自体も恐ろしく、手術後の後遺症も心配です。
脇の感覚がおかしくなる(常にタオルを挟んだような感じ)と説明されました。
リハビリが必要なことも今から気が重いです。

リンパ節郭清と放射線治療をするのでリンパ浮腫になる確率も高いと思います。
放射線治療をすると皮膚の組織が破壊され汗や脂も出なくなるそうですし、首元は色が黒くなって治らないのでしょうか。
全摘なのに放射線治療が必要なことが恨めしいです。

こんなダメージが大きい治療を大金をかけてしたところで、核グレード3、増殖速度が早く、リンパ節転移も多く、いかにもすぐ再発しそうだという考えが頭から離れません。
HER2タイプの再発は術後3年以内が多いそうですが、ある病院のサイトには再発までの期間が短いと予後も概ね短いとありました。
またHER2タイプは他のサブタイプに比べて脳転移の割合が多いと知り悲観しています。

この掲示板を見ると、化学療法や手術の副作用や後遺症で長く苦しんでいたり、術後すぐの再発などの投稿が沢山あります。
髪も生え揃わないことがある程度あるらしいと知りガックリしました。
病院のスタッフは異口同音に髪は必ず生えます!と言います。
少しでも生えれば「生えた」に含まれるならそのとおりなのでしょうが、何となく不信感を持ってしまいます。

脱毛して、胸とリンパ節を切ったところですぐ再発して、再度辛い治療をしてサッサと死ぬのか?
死ななかったとしても、片胸のおばさんになり、重いものも持てず常にリンパ浮腫と再発を気にしながら一生過ごすのか?
リンパ浮腫になりながら老親の介護をするのか?
がん罹患者は他のがんや病気になるリスクが格段に高いというので、別のがんに罹患するのだろうか?

など、気持ちが落ち込み精神的に辛い毎日です。
がん患者向けの心のケアに関する本も何冊も読みましたが、結局は何の救いにもならず気持ちが落ちます。

乳がんには気をつけていて、毎年人間ドックでマンモグラフィとエコー検査を受けていました。
過去2回要再検査になったことがありましたが、がんは見つからず経過観察でした。
前回と前々回は特に所見はなかったのに、今回はもう初期ではない乳がんが見つかり、前回検査での見落としではないかと強い不信感を抱いています。
医療側は、見落としかどうかは分からない、変えられない過去を考えても仕方ないので考えるなと言いますが、そんなことは無理です。
ピンクリボンキャンペーンなどでも乳がんは早期発見早期治療で治ります!2年に1回の検診を受けましょう!と散々宣伝しています。
しかし毎年検診を受けていたのに早期発見できず「どうして⁉︎」と衝撃を受けました。
でも実は検診は絶対ではないので自己チェックが大切という付け足しがあったのですね。
自己健診の仕方のイラストが添えられていますが、あんなイラストでは全く分かりません。
乳がんだと言われた今も自分ではしこりがよく分からないです。
女性は見た目は気にするくせに健康への意識が低いから乳がんになって乳房や命まで失うことがあるなどと書かれている病院のサイトもありました。
腹が立ったし、悔しくて仕方ありません。

乳がんの疑いを告げられた後、がん相談支援センターへ相談したりもしました。
・まだ本当にがんかどうか分からない
・がんだったとしてもがんには顔つきというのがあって云々
・部分切除や同時再建というのもあります
・全員が化学療法をするわけではない
・(確定診断後)今のところリンパ節転移の所見はない

どれも聞いたときはとりあえず安心することができました。
でも結局は本当にがんだったし、がんの顔つきは悪く、全摘で同時再建不可、化学療法が必要で、4つ以上のリンパ節転移。全て悪い方に転がりました。

今さら良い方向に行くなんて考えられません。
悪い方へ悪い方へ落ちていく未来が待っていると思います。
もうこれ以上、時が進んで欲しくないです。
ここから逃げ出して何もかも終わりにしたい。
医療は患者の苦痛緩和なんて出来ていないではないですか。
精神的な苦痛の緩和なんて医療には出来ないのだと思います。
辛いし苦しいし、恨みの気持ちもあって、ここに書かせていただきました。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]