掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
尿管癌からのリンパ節転移の病状に対しての治療方法
TOMA(東京都) 2020/03/17
大変お世話になります。どうぞよろしくお願いいたします。

70歳の父に2年前尿管癌が見つかり、腎臓の片方を摘出しました。
その際に全部癌細胞は摘出したので問題無しと医師には言われたのですが、数か月後転移が見られ、GC療法を行うこととなりました。
ただ父の場合は腎臓が1つないので、腎機能が低下している患者向けのシスプラチンのかわりにカルボプラチンを用いたGCb療法を選択しています。
治療の結果、癌細胞が小さくなり、定期的な抗がん剤治療で様子を見ることとなりました。

しかし昨年の年末にリンパ節転移の診断結果を受けました。

その結果を受ける際にGCb療法の継続で効果を出すのは難しいだろう、
現状は新薬の免疫チェックポイント阻害薬(ペムブロリズマブ)のキイトルーダに頼るのみと言い渡されました。
医師も親切にいろいろと説明してくださり、父も治療プランがあるということで、それにかけるしかないと言っているのですが、
効果が出ない場合のことを考えると私が不安になり、他のプランも調査したく、ご意見をいただきたいと思い、今回投稿させていただきました。

医師には放射線治療は尿管癌には効果は無いと言われてしまったのですが、効果は期待できなのでしょうか。
また他の抗がん剤で治療プランをつくることはできないのか。
ほかの選択肢はないものでしょうか。

※父にキイトルーダの投薬は開始されており、副作用はほぼ出ていないとのことで、そこは気持ちが楽です。
 ただ効果が出てくるのに、9週間ほどかかるため、不安が尽きません。

どうぞよろしくお願いいたします。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]