掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
乳がんにおけるホルモン療法の効果と予後
あーち(東京都) 2020/06/07
ルミナルAで、温存手術後、放射線治療+タモキシフェン5年間服用しましたが、10年以上たって再発しました。

そのようななか、約20%程度のエストロゲン受容体陽性乳がんは、抗エストロゲン剤の効果が低く、予後の悪い高リスクな症例であることを知りました。
https://www.amed.go.jp/news/release_20181113.html

リンク先の研究では、Fbxo22タンパク質の発現がカギを握るようです。自分が高リスクかどうか知りたいので、調べてみたいと考えています。ただ、この研究成果は、現在臨床の場で活かされているのでしょうか?

ご教示いただければ幸いです。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]