掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

患者と医療者のコミュニケーション
マンモトーム生検時のマーキング留置について
あや子(東京都) 2020/06/21
はじめまして。現在、乳がんの疑いと言われており、不安な思いの中、こちらの掲示板にて情報収集させて頂いております。先生方が親身にご回答してくださっているのを見て大変ありがたい掲示板だと思っております。

さて本題ですが、
マンモトーム生検のマーキング留置についてご教示頂きたく投稿させて頂きます。

現在、乳腺エコーで小さなしこりが見つかり、乳がんの疑いと言われており、エコー下マンモトーム生検を受ける予定となっています。
医師からは、「しこり(病変)が小さいので、マンモトーム生検ですべて取り切れてしまう為、病変の目印としてマーキングを留置する」との説明がありました。
マーキングはハイドロマークと言うチタン製のコイル状のもののようです。
また、ハイドロマークを扱う病院はあまり多くないとのことでした。

ここで質問なのですが、
病変がとり切れてしまう場合でも、ハイドロマークのような目印無しでもやれている病院があるということでしょうか?
その場合、どのような方法をとっているのでしょうか?
体内に異物を入れることを少し不安に思っていますので、マーキング留置無しでもできるかご教示お願い致します。

ちなみにインターネットで調べましたところ、下記のような病院があるようです。
 ・金属製のクリップを留置して目印にする。
 ・病変をとり切らないで少し残す(マーキング留置無し)。
 ・マンモトーム生検時の瘢痕でわかる為、マーキング留置無し。

お忙しいところ恐れ入りますが、ご教示頂けますと幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]