掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
トリプルネガティブ乳がんステージ1の術前化学療法について
匿名(新潟県) 2020/08/01
7/11針生検、7/27に 浸潤性乳管がんの所見、basal-like subtypeが鑑別にあげられる p63は二層性を失う CK5/6びまん陽性 標本内にin situ成分は目立ちません 核グレード:Grade2(病理検査結果報告書による)とわかりました。

45歳、7月初めにしこりが大きくなっていることに気づき(しこり自体は昨年くらいからあった)針生検にて左側脇近く乳がんの告知 しこり大きさ 楕円形で約2×1.6cm(外側)1.8cm×1.3cmほど(内側)とのこと
7/30に居住県のがんセンター受診、マンモグラフィー・超音波検査・視触診によりリンパ節転移なしのステージ1と診断 しこりの大きさもクリニックで受けた超音波検査の時とほぼ同じ

10月上旬手術の予定、来週乳房MRI撮影ののち、8/20の診察で全摘または部分切除の術式決定
basal-like subtype=トリプルネガティブとのことですが、診察時、トリプルネガティブには触れられず、術前化学療法の話もありませんでした。
(術後の治療の話もありません)
針生検はクリニックで組織採取し、外部検査機関に委託、がんセンターではその標本プレパラートを顕微鏡で検査し、手術前診断とするようです。
何となくですが、担当医があまり病理検査報告書を見ていなかったような印象もありました。
トリプルネガティブでステージ1の場合、術前化学療法はしないのが一般的なのでしょうか?
また、しこりの大きさはステージ1なのですが、クリニックで受診した超音波画像上ではしこりの周囲に少々(具体的な大きさは不明)の境界不明瞭部分を認めており、おそらくそれが浸潤した部分だと思っているのですが、浸潤部分はしこりの大きさとして含めないものなのでしょうか?
自分では、脇のリンパ節には微少転移があるのではないかという感覚を持っていて、浸潤部分を含めると、5cmより少し小さいくらいなのではないかと思っています。
次回診察時に乳房MRIと顕微鏡検査の結果を聞くことになっていますが、トリプルネガティブは進行が早いと聞いているので、手術までの間、無治療で大丈夫なのかと不安になっています。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]