掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

家族関係とコミュニケーション
残された時間が少なくなって来たと悲観している家族への対応について
中田(福岡県) 2020/08/27
70代後半の父が肺がんで治療中です。
もうすぐ3年になります。
最近、胸水による息切れを感じたり、
胸水を抜いたり、抗がん剤のせいか吐き気や嘔吐が多かったり、
父本人が自分はもう僅かしか生きられないんだ、と悲観的になっています。

以前は自分で車を運転して近くのホームセンターに行ったり、スーパーに行ったりしていましたが、全く行かなくなりました。
コロナのせいもありますが、すっかり気落ちしてしまっているようです。
いつも身体を動かしていないと気が済まないタイプの人だったのに、
今はほとんど座ったままか、
横になっているようになりました。
コロナが流行っていたので、半年以上通院以外の外出を控えていました。
それが原因なのか、精神的にうつ病のようになってしまっているのか、全く分かりません。
元気がなく、食欲もなく、いつもしょんぼりしていて、寂しそうな悲しそうな顔ばかりするのでこちらもどうしてあげたらいいのか、声をかける事もはばかられるくらいです。
やろうと思えば軽作業は問題なく出来ますし、身の回りの事も自分で出来ますので、PSが下がっているわけでもないとは思います。
恐らく自分の命が肺がんに支配されて終わる事への恐怖感や苦痛などへの不安が強いのだと思います。
早く死にたいと口にする事もあります。

どのように接したら良いのでしょうか。
父に少しでも寄り添う為に、
私に出来る事はどんな事なのでしょうか。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
  • フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
  • 投稿されたコメントは基本的に編集や削除が行えませんことをご了承ください。編集キーは管理者が必要に応じて使用します。
タイトル必須
投稿内容必須
名前(ニックネーム)必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]