掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
乳癌の骨転移とゾラデックス
あこ(群馬県) 2021/03/23
はじめまして。

45歳 乳癌治療6年目
乳癌ステージⅣ()と診断。
その後左胸全摘。
手術前検査の骨シンチにて左大腿骨に転移ありと
わかったために最初の治療方針であった抗がん剤は中止(理由は転移しているために必要ないと)
タモキシフェン10年の服用とゾラデックス注射とランマーク注射、大腿骨の痛みが強くなったら放射線療(放射線療法はまだ行なっていません。)となり現在に至ります。
治療3年目頃、骨シンチの画像診断だと3年間1ミリも動きがないことから大腿骨のものは乳癌の転移ではなかったかもしれないと主治医から伝えられました。
なんだそれは?!と驚きましたが、それならば大変に厳しい副作用に苦しかったランマークを中止したいと主治医に相談し中止となりました。
このことから、最初の治療方針にあった抗がん剤が始まるのかと思いましたが(骨転移があるためにやらないと説明されていたため)必要ないとのことで、タモキシフェンとゾラデックス治療だけで現在にいたります。
ところが、5年目の骨シンチの時に大腿骨に動きがあったため(ごくわずかに範囲が減った)やはり乳癌の転移だった、薬が効いていると言われました。
薬が効いているからゾラデックスの期間も無制限に延長と伝えられ大変困惑しております。
タモキシフェンは10年の覚悟をしていましたが、やっと、やっと終わりになる(副作用が厳しいためつらいことが多いため5年後の終了日を目標にしてきた)と思っていたゾラデックスの延長に心が疲れました。
長い説明となり申し訳ありません。
以上のことから、
ゾラデックスの延長に意味はあるのでしょうか?
抗がん剤は必要ないのでしょうか?
骨転移の診断が2回も覆ることはよくあることなのでしょうか?
乳癌ということにかわりはありませんし、骨転移箇所の痛みが増していることも今まで骨折もありませんが、骨生検などのようにもっと掘り下げた検査をした方がいいのでしょうか。
わかりにくい文章で申し訳ありませんが、ぜひアドバイスいただきたく記入いたしました。
よろしくお願いします。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
  • フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
  • 投稿されたコメントは基本的に編集や削除が行えませんことをご了承ください。編集キーは管理者が必要に応じて使用します。
タイトル必須
投稿内容必須
名前(ニックネーム)必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]