掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
肺がん 1次治療タグリッソ 疾患進行後の治療選択について
hiro(愛知県) 2021/06/18
初めて投稿いたします。
家族の肺がん治療について、ご意見を伺いたく投稿させていただきます。

66歳 女性 非小細胞肺がん・腺がん 診断時肺転移箇所3か所・骨転移あり・脳転移あり Ⅳ期診断 PS 0-1
1次治療:タグリッソ、骨転移:ランマーク、脳転移:ガンマナイフ
タグリッソ治療開始から2年9か月で肺に影があるとのことで、2次治療としてアリムタ+シスプラチンの併用療法を提示されております。
骨転移や脳転移は現状維持できておりますが、精神的なこともあるのか、タグリッソによる副作用かわかりませんが、食欲不振により体重減少しております。

1次治療タグリッソの後治療については、どの選択も難しく頭を悩ませるcaseかと思います。
この掲示板を含めて、色々情報収集してみましたが、どの選択が最適なのかでしょうか。また、下記選択肢以外に何か選択肢がございましたらご教授賜りたいです。
①タグリッソ継続(脳転移進行を抑えるため)
②アリムタ+シスプラチン
③治験参加
④他化学療法

化学療法へ移行すると、副作用がかなり増える印象があります。特にシスプラチンの吐き気は耐えられるのか不安です。
1次治療タグリッソ後の治験も今日現在あまりないのでしょうか。
タグリッソ治療で変わらない日常を遅れていたので、次の治療もそのような変わらない日常を遅れる治療選択があればと願っております。

ご専門の先生方のご意見をうかがえる機会がいただければ幸いです。
お忙しいところ大変恐縮ではございますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
  • フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
  • 投稿されたコメントは基本的に編集や削除が行えませんことをご了承ください。編集キーは管理者が必要に応じて使用します。
タイトル必須
投稿内容必須
名前(ニックネーム)必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]