<< ホーム << 患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com
開催のお知らせ
プログラム
募集要項
講演スライド
開催結果
掲示板へ
---

第10回セミナー
第9回セミナー
第8回セミナー
第7回セミナー
第6回セミナー
第5回セミナー
第4回セミナー
第3回セミナー
第2回セミナー
第1回セミナー

Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |


第11回 みんなで学ぼうチームオンコロジーセミナー
セミナーは終了しました

プログラム概要

■第1日(1月21日)

進行:橋本 亜衣子(元国立がん研究センター中央病院)、帶刀 朋代(東京医科大学病院)

開始時間 講義・実習 講師など 会場
9:30 参加者受付開始
10:00 開会挨拶 代表世話人:奥山 裕美
(昭和大学病院)
5F あすなろ
10:10 『チーム医療の総論:コミュニケーション&リーダーシップ』
チームオンコロジーABC~がんチーム医療の根幹を学ぶ~
上野  直人
(MD アンダーソンがんセンター)
11:10 全体の説明&グループワーク1の説明 奥山 裕美
(昭和大学病院)
11:20 グループワーク1
ICE BREAKING
参加者全員
11:30 グループワーク1-1
「今いる場所を確かめる」
~自分たちのチームメイトとチームの現状を把握する~
参加者全員
11:45 グループワーク1: レクチャー1
『なぜVisionが必要か? Visionの定義、Missionとは?』
三浦 裕司
(虎の門病院)
11:55 グループワーク1: レクチャー2
『MissionとVisionの具体例の紹介』
河添 仁
(愛媛大学医学部附属病院)
古賀 範子
(国立がん研究センター中央病院)
12:05 グループワーク1-2
「Shared Visionを作る演習」
~チームメイトの言うことに耳を傾け、モチベーションとなりうる共通のテーマを探す~
参加者全員
12:25 グループワーク1
まとめと質問
参加者全員
12:40 休憩
12:50 《ランチョンセミナー》
『EBMを用いた治療方針の決定』
高島 淳生
(国立がん研究センター 多施設臨床試験支援センター)
13:20 休憩
13:30 グループワーク2の全体説明 佐々木 英二
(総合上飯田第一病院)
13:40 移動
13:45 グループワーク2
『症例検討』
課題症例:症例から検討するチームのプログラム
参加者全員 5F 白鳥
6F 岩木
17:55 移動
18:00 ディナーディスカッション 進行:
田口 賀子
(大阪府立成人病センター)
前田 邦枝
(聖路加国際病院)
飯原 大稔
(岐阜大学医学部附属病院)
6F 八甲田
18:55 移動
19:00

21:00
グループワーク2
(終了したチームから適宜解散)
5F 白鳥
6F 岩木

(敬称略)

▲TOP

■第2日(1月22日)

進行:閔 貴善(順天堂大学医学部附属練馬病院)、橋口 宏司(横浜南共済病院)

開始時間 講義・実習 講師など 会場
8:00 グループワーク2 5F 白鳥
6F 岩木
9:00 グループワーク2
発表(乳がん症例)
進行:
岡野 愛子
(高松赤十字病院)
高橋 智子
(順天堂大学医学部附属順天堂医院)
5F あすなろ
10:30 休憩
10:45 グループワーク2
発表(大腸がん症例)
進行:
橋本 浩伸
(国立がん研究センター中央病院)
石塚 雅子
(名古屋大学医学部附属病院)
12:15 休憩
12:25 《ランチョンセミナー》
「MD アンダーソンがんセンターの紹介」
~日本と比べて良かった点、悪かった点~
JME2010チーム
12:55 休憩
13:00 チームオンコロジーへの道
その悪戦苦闘と挑戦の日々
朝倉 義崇
(沖縄赤十字病院)
13:30 施設別フリーディスカッション 全体進行:
高島 淳生
(国立がん研究センター 多施設臨床試験支援センター)
奥山 裕美
(昭和大学病院)
佐藤 仁美
(元青森県立保健大学)
全体フリーディスカッション
15:00 クロージング 代表世話人:佐藤 仁美
(元青森県立保健大学)
15:10 写真撮影 参加者、チューター、ドナー、事務局など全ての出席者
2012年 1月17日現在 ※プログラムは一部変更する可能性があります。 (敬称略)
▲TOP