TEAM ONCOLOGY SEMINAR

Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |


地域に根差したチームオンコロジーセミナー2015~“顔が見える”チームで行う全人的地域連携~

2015年3月7日(土)~8日(日)  松山大学薬学部講義室

DAY 1 2015/3/7
Length Begin End  
0:30 13:00 13:30 河添

イントロダクション

セッション1 (Educational Solution Seminar)
1:00 13:30 14:30 青儀

セッション1-1 課題定義とディスカッション
講演と課題検討 (1)「がんチーム医療による地域で支える化学療法~患者さんが安心して治療を受けるために」

各チームで問題点の現状把握をスモールグループディスカッションし、議論した内容を全体共有する

ディスカッションポイント:自施設のチーム医療における問題点と課題

1:00 14:30 15:30 永井たんぽぽクリニック医療法人ゆうの森理事長

セッション1-1 課題定義とディスカッション
講演と課題検討 (2) 「治療の継続と生活を支えるために出来ること~これからの地域連携」

各チームで問題点の現状把握をスモールグループディスカッションし、議論した内容を全体共有する

ディスカッションポイント:患者さんが自分らしく生きることをどう支えるか

0:15 15:30 15:45 休憩
1:00 15:45 16:45 豊田

講演:多様性を理解してリーダーシップを発揮する~自己を知り他者を知る~

0:15 16:45 17:00 三浦

セッション1-2  Keynote Address
テーマ「チームで行うがん治療マネジメント~地域連携の活用と全人的ケア」

0:10 17:00 17:10 移動/休憩
2:40 17:10 19:50

課題の提議と検討 副作用 (1) と高齢者 (2)

チーム A (副作用)

チューター:青儀 (医師)、下雅意 (薬剤師)、前田 (看護師)

チーム B (副作用)

チューター:豊田 (医師)、橋口 (薬剤師)、古屋 (看護師)

チーム C (高齢者)

チューター:三浦 (医師)、宮道 (薬剤師)、山口 (看護師)

チーム D (高齢者)

チューター:下村 (医師)、上田 (薬剤師)、帯刀 (看護師)

(フローター: 河添)
0:10 19:50 20:00 移動/休憩
0:30 13:00 13:30

懇親会

松山大学生協カルフール

    21:00 DAY 1 プログラム終了
DAY 2 2015/3/8
1:00 9:00 10:00 上野

MDアンダーソンがんセンターの院内のチーム医療と院外との地域連携の実際

0:10 10:00 10:10 移動/休憩
2:00 10:10 12:10

テーマ「チームで行うがん治療マネジメント~地域連携の活用と全人的ケア」
課題検討 副作用 (1) と高齢者 (2)

チーム A (副作用)

チューター:向原 (医師)、下雅意 (薬剤師)、前田 (看護師)

チーム B (副作用)

チューター:豊田 (医師)、橋口 (薬剤師)、古屋 (看護師)

チーム C (高齢者)

チューター:三浦 (医師)、宮道 (薬剤師)、山口 (看護師)

チーム D (高齢者)

チューター:下村 (医師)、上田 (薬剤師)、帯刀 (看護師)

(フローター: 上野、 河添、藤山)
      昼食は各Gの部屋にて
0:15 12:10 12:25 移動/休憩
セッション2 (症例検討)
2:00 12:25 14:25

症例から学ぶ在宅医療のドリームチーム形成

チーム A

チーム B

チーム C

チーム D

発表
0:10 14:25 14:35 休憩
0:30 14:35 15:05 総合ディスカッション

職種別セッション

各職種に分かれて、チーム医療における自分たちの役割、リーダーシップについて振り返る。

0:10 15:05 15:15 河添 クロージング&アンケート記入
0:20 15:15 15:35 記念撮影
    15:35 全プログラム終了

▲ このページのTOPへ