TEAM ONCOLOGY SEMINAR

Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |


地域に根差したチームオンコロジーセミナー2016~“顔が見える”チームで行う全人的地域連携~

2016年 4月23日(土)~24日(日)  福島テルサ

DAY 1 2016/4/23
Length Begin End  
0:30 13:00 13:30 小島

イントロダクション

セッション1 (Educational Solution Seminar)
0:45 13:30 14:15 佐治

セッション1-1 課題定義とディスカッション

講演と課題検討 (1)「がんチーム医療による地域で支える化学療法~患者さんが安心して治療を受けるために」

0:30 14:15 14:45 鈴木がんピアネット
ふくしま理事長

講演:「震災をこえて~がんに負けないふくしまを支えるピアサポートネットワーク」

0:15 14:45 15:00 休憩
1:00 15:00 16:00 町島
伊與田

セッション1-1 課題定義とディスカッション(続き)

講演と課題検討 (2) 「治療の継続と生活を支えるために出来ること~これからの地域連携」

看護師の立場から、薬剤師の立場から

0:15 16:00 16:15 下雅意

セッション1-2  Keynote Address

テーマ「チームで行うがん治療マネジメント~地域連携の活用と全人的ケア」

0:10 16:15 16:25 移動/休憩
3:40 16:25 20:05

課題の提議と検討

(1)副作用 (化学療法における副作用マネジメント:嘔気嘔吐、好中球減少、皮疹)
(2)高齢者(高齢者の化学療法、患者教育、副作用マネジメント)

チーム A (副作用)

ファシリテータ:坂東(医師)
下雅意(薬剤師)
町島(看護師)

チーム B (副作用)

ファシリテータ:峯村(医師)
吉澤(薬剤師)
千葉(看護師)

チーム C (高齢者)

ファシリテータ:シャズリナ(医師)
藤田(薬剤師)
苅谷(看護師)

チーム D (高齢者)

ファシリテータ:佐々木(医師)
伊與田(薬剤師)
大内(看護師)

(フローター: 小島、下村)
0:10 20:05 20:15 移動/休憩
1:00 20:15 21:15

懇親会

    21:15 DAY 1 プログラム終了
DAY 2 2016/4/24
1:00 9:00 10:00 上野
Lim

チーム医療を推進するためのリーダーシップ、シェアードビジョン

0:10 10:00 10:10 移動/休憩
2:00 10:10 12:10

課題の提議と検討

(1)副作用 (化学療法における副作用マネジメント:嘔気嘔吐、好中球減少、皮疹)
(2)高齢者(高齢者の化学療法、患者教育、副作用マネジメント)

チーム A (副作用)

ファシリテータ:坂東(医師)
下雅意(薬剤師)
町島(看護師)

チーム B (副作用)

ファシリテータ:峯村(医師)
吉澤(薬剤師)
千葉(看護師)

チーム C (高齢者)

ファシリテータ:シャズリナ(医師)
藤田(薬剤師)
苅谷(看護師)

チーム D (高齢者)

ファシリテータ:佐々木(医師)
伊與田(薬剤師)
大内(看護師)

(フローター:小島、下村)
     

昼食は各Gの部屋にて

0:15 12:10 12:25 移動/休憩
セッション2 (症例検討と発表)
2:00 12:25 14:25

症例から学ぶ地域がん医療のドリームチーム形成

チーム A

チーム B

チーム C

チーム D

発表
0:10 14:25 14:35 休憩
0:30 14:35 15:05 総合ディスカッション

職種別セッション

各職種に分かれて、チーム医療における自分たちの役割、リーダーシップについて振り返る。

0:10 15:05 15:15 小島 クロージング&アンケート記入
0:20 15:15 15:35 記念撮影
    15:35 全プログラム終了

▲ このページのTOPへ