TEAM ONCOLOGY SEMINAR

Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
エーザイ株式会社
小野薬品工業株式会社
協和発酵キリン株式会社
中外製薬株式会社
メルクセローノ株式会社
ノバルティスファーマ株式会社
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |


地域に根差したチームオンコロジーセミナー2018~“顔が見える”チームで行う全人的地域連携~
プログラムスケジュール

日程:2018年5月12日(土) - 5月13日(日)
会場:じゅうろくプラザ(岐阜市文化産業交流センター)

DAY 1 2018/5/12
Length Begin End  
1:00 13:00 14:00 大里 洋一東京医療センター薬剤部

オープニング イントロダクション
「自己理解・他者理解を深め、よりよいチーム医療を実践する」

セッション1 (Educational Solution Seminar)
1:00 14:00 15:00 佐治 重衡福島県立医科大学腫瘍内科学講座
二村 学岐阜大学医学部腫瘍外科

セッション1-1 課題定義とパネルディスカッション

「地域医療におけるチーム医療の意義」

1:00 15:00 16:00 市橋 亮一医療法人かがやき
総合在宅医療クリニック
山内 惠太ピノキオ薬局 三津屋店

セッション1-1 課題定義とパネルディスカッション

「これからの地域連携」岐阜県内で地域医療を行う立場から

4:00 16:00 20:00 陶山 久司鳥取大学医学部附属病院

セッション1-2 講演と課題検討

「チームで行うがん治療マネジメント~地域連携の活用と全人的ケア」

講演と課題検討(1) 副作用 講演と課題検討(2) 高齢者

チーム A (副作用)

ファシリテータ:
陶山(医師)
松本(薬剤師)
市成(看護師)

チーム B (副作用)

ファシリテータ:
寺崎(医師)
江面(薬剤師)
藤澤(看護師)

チーム C (高齢者)

ファシリテータ:
吉井(医師)
森田(薬剤師)
苅谷(看護師)

チーム D (高齢者)

ファシリテータ:
中嶋(医師)
大里(薬剤師)
山上(看護師)

(フローター: 近藤、二村)
1:00 20:00 21:00

情報交換会(チーム名の検討)

    21:00 DAY 1 プログラム終了
DAY 2 2018/5/13
セッション2 Lecture, Group Work, Presentation and Discussion
3:00 9:00 12:00 上野 直人テキサス大学
MDアンダーソンがんセンター

講演
「チーム医療を推進するためのリーダーシップ、シェアードビジョン」

グループによる課題最終検討 症例から学ぶ地域がん医療のドリームチーム形成

2:30 12:00 14:30 グループ発表

チーム A

チーム B

チーム C

チーム D

1:00 14:30 15:30

総合ディスカッション・クロージング リマークス

    15:30 全プログラム終了

▲ このページのTOPへ