チームオンコロジーとは

メンター紹介

Japan TeamOncology Program (J-TOP) Mentor

J-TOPメンターとは;
「がんの臨床・教育・研究におけるリーダー(中核)であり、人材の育成にコミットするメンバー」

  1. キャリアでの成功を目指し、EBMの推進に努力、他の人をインスパイアし、影響力を与えることができる
  2. J-TOPに所属していることにプライドをもち、その未来をいつも思索している
  3. メンターとして、「EBM、リーダーシップ、コミュニケーション」の推進にコミットする
  4. メンターとしてがん医療従事者のロールモデルになることを心がける

J-TOP Mentor:
“A leader (core staff) in the field of clinical practice, education and research on cancer who commits himself/herself to cultivating member resources of the Japan Team Oncology Program (J-TOP)” and who:

  1. Seeks success in his/her career, strives to promote evidence-based medicine (EBM), inspires others and can confer influential power.
  2. Makes a commitment to be a member of J-TOP and always considers the organization’s future.
  3. Commits to the promotion of “EBM, leadership and communication” as a mentor.
  4. Functions as a mentor and a role model for cancer treatment professionals.

US Mentors

Joyce L Neumann PhD, APRN, AOCN, BMTCN

Joyce L Neumann PhD, APRN, AOCN, BMTCN

Program Director, SCTCT/SCTCT APRN Manager
Advanced Practice Registered Nurse​

It has been a honor to be associated with JTOP for the last 20 years and to promote interdisciplinary team cancer care.
The sharing of oncology knowledge and experience by experts in US and Asian countries has greatly improved the science and quality of care for patients across the globe.

過去20年間、JTOPに関わり、学際的ながんチーム医療の推進をおこなってきたことを、私は光栄に思っています。
米国とアジア諸国の専門家が集まってがんの知識と経験を共有することは、世界中の患者さんに、科学とケアの質を大きく向上させてきました。

Nicholas Szewczyk (USA)

Nicholas Szewczyk, APRN, MSN, ANP-C

Advanced Practice Registered Nurse

University of Texas MD Anderson Cancer Center
Department of Stem Cell Transplantation and Cellular Therapy Houston, Texas

As a licensed nurse, I understand the importance of a high functioning team in order to provide the best quality of care for oncology patients as they require close attention due to systemic adverse effects from therapies. This requires team members who trust each other and communicate better to help deliver optimal care quickly and efficiently. I have been proud to help promote this concept through JTOP to help improve patient care worldwide.

私は認定看護師として、治療による全身的な副作用により細心の注意が必要な腫瘍内科の患者さんに最高の質の高いケアを提供するためには、高機能のチームが重要であると理解しています。 そのためには、最適なケアを迅速かつ効率的に提供するために、お互いを信頼し、より良いコミュニケーションをとるチームメンバーが必要です。 私は、J-TOPを通じてこのコンセプトを広め、世界中の患者さんのケアの向上に貢献できることを誇りに思っています。

Theresa Johnson-Foreman, MSN, RN

Theresa Johnson-Foreman, MSN, RN

Clinical Administrative Director,
Sarcoma Center

Keeping the patient at the core surrounded by a high performing, multi-disciplinary team that works cohesively to deliver evidence-based high quality care is in summary the goal.
I have spent over 20 years working in an academic medical center where team is what it is all about. The mutual respect for all team members and their input is paramount.
As a leader of over 12 years, one of the most important roles I play is creating a work culture where everyone has a voice and safety is our number one priority.

患者さんを中心に、エビデンスに基づいた質の高いケアを提供するために、高いパフォーマンスを発揮する学際的なチームに囲まれた状態を維持すること、それが目標です。
私は20年以上もの間、学術的な医療センターで働いてきました。すべてのチームメンバーと彼らの意見を尊重することが最も重要です。
12年以上の経験をもつリーダーとして私が果たす最も重要な役割の一つは、誰もが声を上げ、安全を第一に考えた職場文化を作ることです。

Ashley Martinez, DNP, APRN, FNP-BC, CBCN, CPHQ

Ashley Martinez, DNP, APRN, FNP-BC, CBCN, CPHQ

Supervisor, Advanced Practice Providers
Breast Medical Oncology

A team based approach has been proven to enhance patient experience and outcomes.
Thus, it is my passion to advance and elevate patient care through leadership, communication skills,
and individual empowerment to cultivate a model focusing on a team based approach.

チームを基本としたアプローチは、患者さんの経験と結果を向上させることが証明されています。
そのため、リーダーシップ、コミュニケーションスキル、個人のエンパワーメントを通じて患者さんのケアを向上させ、チームベースのアプローチに焦点を当てたモデルを育成すること、それが私の情熱です。

Jeffrey C. Bryan, PhD

Jeffrey C. Bryan, PharmD

Clinical Pharmacy Specialist, Leukemia

Recent advancements in research and cancer therapies have resulted in dramatic changes in cancer management.
J-TOP emphasizes the importance of building effective multidisciplinary teams necessary for the safe delivery of the most effective up-to-date therapies.

近年の研究やがん治療の進歩により、がんのマネジメントは劇的に変化しています。
J-TOPでは、最新の効果的な治療を安全に行うために、効果的な集学的チームを構築することの重要性を強調しています。

Neelam K. Patel, PharmD, BCOP

Neelam K. Patel, PharmD, BCOP

Clinical Pharmacist Specialist

Breast Medical Oncology and Endocrine Neoplasia

JTOP is a wonderful program with a powerful message that teamwork is one of the most important parts of effective and meaningful patient care.
I am fortunate to be a part of this program, and I hope the mission and purpose of this workshop resonates with all its participants.

JTOPは、チームワークこそが、効果的で有意義であるという、患者ケアを行う上で最も重要な部分の一つであるという、力強いメッセージが込められた素晴らしいプログラムです。
私は幸運にもこのプログラムに参加することができました。このワークショップの使命と目的が、参加者全員の心に響くことを願っています。

Brandon Shank, PharmD, MPH, BCOP

Brandon Shank, PharmD, MPH, BCOP

Clinical Pharmacy Specialist

Cancer care is complex and requires an interdisciplinary care team to provide optimal outcomes.
The J-TOP program provides a collaborative environment for health care team members to grow and function as an effective team to implement clinical programs that enhance the care that we provide our patients.

がんのケアは複雑であり、最適なアウトカムを提供するために学際的なケアチームが必要です。
J-TOPプログラムは、医療チームのメンバーが成長し、効果的なチームとして機能するために、患者さんに提供する、ケアを強化する臨床プログラムの実施法や(各職種が)協力的な環境づくりのあり方を学べます。

Melvin J. Rivera, PharmD, BCOP

Melvin J. Rivera, PharmD, BCOP

Clinical Pharmacy Specialist

Thoracic, Head and Neck Medical Oncology

I have had the privilege of participating in the JTOP program as a mentor and facilitating discussions about the importance of developing a team-based approach to caring for oncology patients.
Throughout my 13 years at MD Anderson, I have been fortunate to work in a clinical environment that is a model for patient- centered multidisciplinary care.
I look forward to sharing my experiences in the hopes that health care providers of various disciplines can find ways to bridge gaps and ultimately achieve the mission of the JTOP program.

私は、JTOPプログラムにメンターとして参加し、チームベースのアプローチで腫瘍内科の患者さんをケアすることの重要性についての議論を促進する機会を得ました。
MDアンダーソンでの13年間を通して、私は幸運にも患者さんを中心とした集学的ケアのモデルとなる臨床環境で働くことができました。
機会があれば、私の経験を共有できることを楽しみにしています。様々な分野の医療従事者が互いのギャップを埋める方法を見つけ、最終的にはJTOPプログラムの使命を達成できることを願ってます。

Hillary A. Prescott, PharmD

Hillary A. Prescott, PharmD

Manager, Clinical Pharmacy Services
PGY2 Oncology Pharmacy Residency Director
Clinical Pharmacy Specialist, Lymphoma

Dana-Farber Cancer Institute
Boston, MA

I’m passionate about a multidisciplinary team-based approach to taking care of patients with cancer so that patients benefit from the expertise of each discipline.
Serving as a Chair and Mentor for JTOP over the past 15 years has been one of the most rewarding aspects of my career
– JTOP allows one to learn from peers, mentor others, receive mentorship, and meet lifelong friends and colleagues.
Together, I believe the JTOP team has improved the lives of cancer patients in the U.S. and Asia.

私は集学的なチームベースのアプローチでがん患者さんをケアすることに情熱を注いでいます。
患者さんがそれぞれの分野の専門性から利益を得ることができるように、JTOPでワークショップチェアとメンターを務めてきました。
過去15年に亘ってそれらの役割を務めてきたことは、私のキャリアの中で最もやりがいのあることの一つです。
- JTOPは、仲間から学び、指導し、指導を受け、生涯の友人や同僚と出会うことができます。
JTOPチームは、米国とアジアのがん患者さんの生活を改善してきたと信じています。

Richard L. Theriault, DO, MBA, FACP

Richard L. Theriault, DO, MBA, FACP

Medical Director - MD ANDERSON PHYSICIANS NETWORK
Professor of Medicine (Retired)
Department of Breast Medical Oncology

This is a Unique Program offering collegiality, new knowledge for personal and career development and detailed planning knowledge for the future of Cancer Medicine Practice.
Self - knowledge is essential for success in any career but is especially important in the personal interactions which occur daily with colleagues and Patients. Maintaining a healthy personal, family and professional life, is essential for happiness for each of us!
The JTOP experience enables lifelong professional relationships and many new friends while providing international learning opportunities.
This Program is my favorite career development program.

これは、がん医療の将来の実践のための仲間意識、キャリア開発のための新しい知識、そしてこれからのがん医療の実践的で計画的な知識を提供するユニークなプログラムです。
知識はどのキャリアにおいても成功するために必要不可欠ですが、同僚や患者さんとの日常的な個人的な交流においては特に重要です。
健全な個人生活、家族生活、仕事上の生活を維持することは、私たち一人一人の幸せのために不可欠なことです。
JTOPの経験は、国際的な学習の機会が得られるばかりでなく、生涯にわたる職業上の人間関係と多くの新しい友人づくりを可能にします。
このプログラムは私のお気に入りのキャリア形成プログラムです。

Chantal Reyna, MD FACS

Chantal Reyna, M.D., FACS

Assistant Professor of Surgery
Department of Surgical Oncology

University of Cincinnati College of Medicine

JTOP promotes multidiscipline oncology care while developing leadership skills across countries.

JTOPは、国を超えてリーダーシップを学ぶことで、集学的ながん医療を推進しています。

Janis Apted Yadiny, Consultant and Executive Coach

Janis Apted Yadiny,
Consultant and Executive Coach

JTOP is unique in bringing together professionals from nursing, research, clinical care and pharmacy to enhance their ability to work in high performing teams.
The experience builds self-awareness and insight, and the interpersonal and team skills individuals will use throughout their careers.
It is an exciting and interactive experience!

JTOPは、看護・研究・臨床・薬学の専門家が一堂に会して、高いパフォーマンスを発揮するチームで、仕事の能力を高め合うことができることが特徴です。
この経験は、自己認識と洞察力、また、個人がキャリアを通じてつかう対人スキルとチームスキルを、構築します。
これは、まさに、エキサイティングでインタラクティブな経験です!

J-Mentors

医師:下村昭彦

下村 昭彦 Akihiko Shimomura, M.D., Ph.D.

腫瘍内科医 Medical Oncologist

国立研究開発法人国立国際医療研究センター 乳腺・腫瘍内科/臨床ゲノム科 National Center for Global Health and Medicine

チームを作ることは、時間と手間がかかります。でも、チームで患者さんのために働けることは、とても充実していて、そして楽しい!! 楽しみながら、チームの作り方を一緒に学んで行きましょう。

Building a team is time-consuming. But it's so fulfilling and fun to work with a team for our patients! Let's have fun and learn how to build a team together.

医師:佐治重衡

佐治 重衡 Shigehira Saji, M.D., Ph.D.

腫瘍内科医 Medical Oncologist

福島県立医科大学 腫瘍内科学講座 Fukushima Medical University School of Medicine

チーム医療。どれだけたくさん偉い先生の講演を聞いても、残念ながら何もわかりません。でも、このセミナーに参加していただければ体と心が欠けているものを確実に感じるはずです。

Regarding Team Oncology, No matter how many great doctor's lectures you hear, unfortunately, you won't know anything about it.
But if you attend J-TOP Workshop, you will definitely feel what your body and mind are missing.

医師:清水千佳子

清水 千佳子 Chikako Shimizu, M.D.,

腫瘍内科医 Medical Oncologist

国立国際医療研究センター乳腺腫瘍内科 National Center for Global Health and Medicine

患者さんの「その人らしくどう生きる?」をサポートするのがチームオンコロジーだと思います。チーム医療は「ある」ものではなく、「創る」もの。よりよいがん医療のあり方を、一緒に考え、試行錯誤しながら創ってみませんか?

Team oncology is to support the patient's "How do you live your life?". The Team medicine is not an "existing" thing, but a "creating" thing. Why don't you join us to think about and create a better cancer treatment through trial and error?

医師:向原徹

向原 徹 Toru Mukohara, M.D., DMedSci

腫瘍内科医 Medical Oncologist

国立がん研究センター東病院乳腺・腫瘍内科 National Cancer Center Hospital East

医療が複雑化する中で、新しい形のチームやリーダーシップが益々求められています。J-TOPはそんな時代を生き抜くヒントを与えてくれます。

Medicine is getting more complicated, and now new types of team and leadership are required. J-TOP gives us tips to thrive in this era of complication.

医師:杉山直子

杉山 直子 Naoko Sugiyama, M.D., Ph.D.,

腫瘍外科医 Surgical Oncologist

エグザクトサイエンス株式会社 Exact Sciences K.K.

JTOPで学んでいることは、仕事、生活、人生、あらゆる事につながっています。
仲間に励まされ、支えてもらいながら、私自身も熱意を持って、社会に貢献するために自分のできることを精一杯やって行きたいと思っています。

What I have learned from JTOP is deeply connected to my career, life, and everything.
With my gratitude for the encouragement and support from all the tutors and mentors, I would like to keep serving the society with my passion.

医師:坂東 裕子

坂東 裕子 Hiroko Bando, M.D., Ph.D.

腫瘍外科医 Surgical Oncologist

筑波大学大学院 乳腺甲状腺内分泌外科 University of Tsukuba

「医は仁術なり」あるいは「医は仁ならざるの術、務めて仁をなさんと欲す」という言葉は医療者の道を説くものとして広く知られています。みなさんの仁をもってチームオンコロジーに務めてまいりましょう。

The phrase "医は仁術なり” means “Medicine is a humanistic art", and is widely known as an instruction on the path of the medical profession. Let's all work together as a team-oncology with your humanity.

医師:小島 康幸

小島 康幸 Yasuyuki Kojima, M.D., Ph.D.

腫瘍外科医 Surgical Oncologist

聖マリアンナ医科大学 乳腺内分泌外科 St. Marianna University School of Medicine

がん医療においても、理想とされるリーダー像、求められるチームのあり方は多様に変化しますが、その根底にあるTeamOncologyを一緒に体験してみませんか

Even in the field of oncology, the ideal leader and the type of team required are changing. TeamOncology, the foundation of our concept, is worth experiencing.

医師:三浦裕司

三浦 裕司 Yuji Miura,M.D.

腫瘍内科医 Medical Oncologist

虎の門病院 Toranomon Hospital

ともに学び続けましょう。

Learning is the master skill of leadership.

医師:古川孝広

古川 孝広 Takahiro Kogawa, M.D, Ph.D.

腫瘍内科医 Medical Oncologist

公益財団法人がん研究会有明病院 Japanese Foundation for Cancer Research

チーム医療における早期薬剤開発の役割として、新規薬剤の安全性や効果を評価を行い、患者さんに一つでも多くの治療薬を届ける手伝いを行なっています。

We perform experimental therapeutics to develop noble agent for cancer patients, and contribute multidisciplinary cancer treatment.

医師:守田亮

守田 亮 Ryo Morita, M.D., Ph.D.

腫瘍内科医 Medical Oncologist

秋田厚生医療センター 呼吸器内科 Akita Kousei Medical Center Department of Respiratory Medicine

多くの職種が、各々の専門性を最大限に発揮し、お互いが上手にリンクすることで最高のチーム医療につながっていくと思います。
日本全国どこにいても、どんな患者さんにも、最善の治療が受けられる医療環境を一緒に作っていきませんか?

I believe that the best team oncology can be achieved when many professions are able to maximize their expertise and link well with each other.
Why don't we work together to create a medical environment where any patient, anywhere in Japan, can receive the best treatment?

医師:陶山久司

陶山 久司 Hisashi Suyama, M.D., Ph.D.,

腫瘍内科医 Medical Oncologist

鳥取大学医学部附属病院 Tottori University Hospital

J-TOPで学ぶことは広く深いです。理解を深めたいという思いから、数年かけてコミュニケーションスキルを学んでいます。成長を続けたいと願っています。

What I’m learning at J-TOP is broad and deep. I've spent several years learning communication skills because I want to better understand them. I'll try to keep growing as a person.

看護師:井沢知子

井沢 知子 Tomoko Izawa, RN, CNS

がん看護専門看護師 Certified Nurse Specialist (CNS) in cancer nursing

京都大学大学院 医学研究科人間健康科学系専攻 Kyoto University

JTOPには、2005年よりメンバーとなっています。がん看護を専門として臨床現場や大学で看護を追求しています。JTOPでは沢山の学び、出会いがあり、人生が豊かになりました。これからも発展していくことを期待しています。

I have been a member of JTOP since 2005.
I am pursuing nursing in clinical settings and universities with a specialty in cancer nursing.
I have learned a lot in JTOP, met a lot of people, and my life has been enriched. I look forward to continuing to develop in the future.

看護師:田口賀子

田口 賀子 Yoshiko Taguchi, RN, MSN, CNS

がん看護専門看護師 Certified Nurse Specialist in Cancer Nursing

大阪府立成人病センター Osaka International Cancer Institute

チームオンコロジーの活動を通して多くの刺激を受けています。医療者や患者さんを含む、さまざまな人々とネットワークを持ち続け,看護の専門性やすばらしさをアピールしていきたいと考えています。

I receive a lot of inspiration through the activities of Team Oncology. I would like to continue to network with various people, including medical professionals and patients, and to promote the professionalism and excellence of nursing.

看護師:苅谷三月

苅谷 三月 Mitsuki Kariya, RN, CNS

がん看護専門看護師 Certified Nurse Specialist in Cancer Nursing

岐阜大学医学部附属病院 Gifu University Hospital

チーム医療の実践には、個人のキャリアディベロップメントを明確にし、それぞれがリーダーシップを発揮することだとMDACCで学びました。今後も多くの方々との出会いを大切にし、より良い医療のために共に学びたいと思います。

I learned at MDACC that the practice of team medicine involves clarity of individual career development and leadership from each of us. I look forward to meeting many more people in the future and learning together for better healthcare.

看護師:大内 紗也子

大内 紗也子 Sayako Ouchi, RN,MSM,CNS

がん看護専門看護師 Certified Nurse Specialist in Cancer Nursing

京都大学医学部附属病院 Kyoto University Hospital

J-TOPと出会い、その活動で得られたものは私の財産です!
チーム医療の大切さ、人生におけるキャリアディベロップメントを考える機会になりました。みなさん、ぜひ仲間になりませんか?

I met J-TOP and what I got out of it is my asset!
This is an opportunity to reflect on the importance of team medicine and career development in my life. Would you all like to join us?

看護師:淺野 耕太

淺野 耕太 Kota Asano, RN,CNS

がん看護専門看護師 Certified Nurse Specialist in Cancer Nursing

京都第二赤十字病院 Kyoto Second Red Cross Hospital

化学療法を受ける患者さんが、一人の生活者として、地域で当たり前に暮らしていけるように多職種で協働して、サポートしていきたいと思います。

I would like to support patients undergoing chemotherapy as a person living in the community by working together with multidisciplinary team to help them live their lives as a matter of course.

看護師:藤澤陽子

藤澤 陽子 Yoko Fujisawa,R.N., M.N.Sc.

がん看護専門看護師 CNS in Cancer Nursing

千葉大学医学部附属病院看護部 Chiba University Hospital

チームの力を最大限に活かすには、自分がどうあるべきか、チームがどうあるべきかを考える。落ち込んだ時には羽を休め、頑張ろうと思う時には背中を押してもらえる。それが私にとってのJ-TOPです。

Think about how I and my team should to be for my team to perform at its highest level. I can rest my wings when I'm down and get a push when I'm ready to work hard. That's what J-TOP is to me.

看護師:山上 睦実

山上 睦実 Mutsumi Yamagami, CNS

がん看護専門看護師 Certified Nurse Specialist in Cancer Nursing

東京大学医学部附属病院 The University of Tokyo Hospital

目の前のドアを開けて、小さな一歩からでも前に進もう。惜しみなく人に教えよう。困難なことがあっても仲間とつながり、分かち合って乗り越えよう。これらJ-TOPで学んだことはたくさんのことを私にもたらしてくれました。同じように感じる仲間をさらに増やしたい、そう思って活動しています。

"Open the door and step forward if only a little. Have a big heart and help others. Connect and share with your friends to overcome difficulties. I learned a lot of things in J-TOP. We want more people to know this organization and feel the same way as we do, and that's why we're doing this."

看護師:入江佳子

入江 佳子 Yoshiko Irie, RN, MSN, OCNS, CN(PC)

がん看護専門看護師 Oncology Certified Nurse Specialist

筑波大学附属病院 University of Tsukuba Hospital

患者さんに質の高いがん医療やケアを提供するために、リーダーシップやコミュニケーションを学び、自身のキャリアや役割について熟考し、チーム医療に貢献し続けます。

I keep on contribute to oncology team in order to provide high quality cancer treatment and care for patients and their families, through to learn scientific leadership and communication, and to consider my career and role as a nurse.

薬剤師:大里洋一

大里 洋一 Yoichi Osato, Ph.D, JOP

がん専門薬剤師 Oncology Pharmacist

国立がん研究センター中央病院 National Cancer Center Hospital

これからのがん医療に必要な学びは何でしょうか?私は医療の専門知識と合わせ、医療以外の知識がモノを言うと感じます。MBTIとMBAの視点を持つ変わった薬剤師です。

I'm basically a pharmacist, but who have MBA and MBTI aspects of view. I believe future oncologist should have many type of skills. I can provide you what I have learned.

薬剤師:橋本浩伸

橋本 浩伸 Hironobu Hashimoto, JOP

がん専門薬剤師 Oncology Pharmacist

国立がんセンター中央病院 薬剤部 National Cancer Center Hospital

支持療法研究に関する研究を通じて、多くの患者さんの副作用、苦痛を和らげたい。

My mission is to reduce the side effects and pain of many patients through research on supportive care.

薬剤師:飯原大稔

飯原 大稔 Hirotoshi Iihara, Ph.D, JOP

がん専門薬剤師 Oncology Pharmacist

岐阜大学医学部附属病院 Gifu University Hospital

最高のチーム医療、科学、教育を用いて、患者が満足できる世界一の化学療法体制を日本に構築したいと思っています。

I believe we will create a world premier oncology support system in Japan that is based on best multidisciplinary care, science, and education.

薬剤師:河添仁

河添 仁 Hitoshi Kawazoe, R.Ph., Ph.D.

博士(薬学) Senior Assistant Professor

切れ目のない医療連携、次世代教育および科学的根拠に基づく薬学的実践を通じて、すべての患者さん・医療者に高い満足を届けたいと思います。

My mission is to provide high satisfaction for all patients as well as healthcare professions through seamless medical cooperation, inspiring next generation, and evidenced-based pharmaceutical practice.

薬剤師:藤田行代志

藤田 行代志 Yukiyoshi Fujita, Ph.D, JOP

がん専門薬剤師 Oncology Pharmacist

群馬県立がんセンター 薬剤部 Gunma Prefectural Cancer Center

チーム医療は簡単に実践できるものではなく、多くの時間と気遣いが必要な面倒くさいもの。
でも、必ずや患者さんにより良い医療をもたらし、さらに医療スタッフのやる気も高めるものと信じています。

Multidisciplinary care is not easy to practice and is cumbersome, requiring a lot of time and concern.
But I believe it will surely bring better healthcare to patients and motivate the medical staff as well.

薬剤師:松本奈都美

松本 奈都美 Natsumi Matsumoto

薬剤師 Pharmacist

昭和大学 Showa University

たくさんの素晴らしい出会いを大切にし、みなさんと共に学びを深め、自分にできることを模索しながら、医療に貢献していきたいと思います。

I value a lot of wonderful encounters, deepen my learning together with you, and seek what I can do to contributing to medical care.