掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
若年性乳がん ホルモン療法の副作用について 閉経の件
みょんみょん(神奈川県) 2019/07/10
はじめまして。よろしくお願いいたします。

乳がんで乳腺全摘後(ルミナールA ステージ1)、抗がん剤なしで5年間のタモキシフェンとリュープリン を主治医に勧められました。現在の年齢は35歳です。

ポジティブ試験を希望しておりまして、ホルモン療法を2年実施した後、妊活再開予定です。
婦人科の主治医からは、タモキシフェンやリュープリン による非可逆的な副作用はなく、健康な方と同じように生殖機能も2年歳をとるだけ、と言われました。乳腺科の主治医からも、非可逆的な副作用はないと説明がありました。

ところが、他の乳腺科の先生が「36歳以上の方は、リュープリン を使うと抗がん剤を使用していなくても閉経が早まることがある。」とおっしゃっているのをお聞きしました。

また、婦人科の主治医から、ホルモン療法を受けるとAMHは外見上0になると言われました。外見上なので、妊活再開における身体的な条件は健康な方と変わらない、と説明を受けました。


そこで先生方にお伺いしたいのですが、
①タモキシフェンやリュープリン に、閉経を早めるというような、妊活に影響を及ぼす非可逆的な副作用はありますか?
②タモキシフェンやリュープリン を受けると、なぜAMHが外見上0になってしまうのでしょうか。


お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]