掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

エッセイを読んで
術後、腹部の経過について
たすく(東京都) 2020/06/30
昨年4月に左側乳がん全摘、深下腹壁穿通枝動脈皮弁で同時再建しました。
術後1年経過しているのですが、お腹の突っ張り感が、ほとんど良くなりません。
朝、目覚めた時から食い込むような圧迫感があり、何をするにもタメ息が出てしまいそうな程の圧迫感で、仕事が終わった夕方はヘトヘトな状態です。
傷口の見た目は至って良好で柔らかさもあり、「とても綺麗ですね」と言われる程なのですが、この突っ張り感には辟易してしまいます。
まだ1-2年、辛抱が必要でしょうか?
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]