掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

エッセイを読んで
三浦先生のエッセイを読んで
大野 抄織(東京都) 2013/02/23
三浦先生のエッセイをとても楽しく読ませて頂きました。
先生には昨年11月に亡くなった父をずっと診ていただき、私もたびたび診察に同席させていただきました。いつも熱意をもって親身に診ていただき、それがどれだけ父本人にも家族にも安心と力を与えていただいたか、感謝してもしきれません。
家族が治らない病気になって、時に絶望して涙が止まらないことがあってもなお、前向きに幸せに生きることができることを、私はこの4年間で学んだように思っています。
よく家族で「先生はやる気に満ち溢れていてすごいね」と話していましたが、その一端をエッセイで垣間見た気がしました。
これからもマイナー路線を思いっきり突き進んでください!
余談ですが、父の病院に付き添っていた頃、反抗心あふれる中学男子の母だった私は、息子のパンパンに膨れた通学カバンを見て「やっとやる気になったか!」とこっそりのぞくとジョジョが50冊ほど詰まっていて教科書が皆無だった、という経験があります。「うちの子はどうして(涙)」と思っていたものでしたが、今回のエッセイで先生もジョジョを読まれることがわかりなんだか嬉しかったのでした。

編集削除|編集キー

Re:三浦先生のエッセイを読んで
三浦裕司 (東京都) 2013/02/28
大野さん
ご感想をいただき本当にありがとうございます。
息子さんの通学かばんジョジョ話を聞いて、大野さんのお父様の、全てを包み込んでくれる様な温かい笑顔を思い出し(多分、そんな顔でこの話を聞いてくれるんだろうなあと)、私も懐かしく嬉しかったです。ありがとうございました。

編集削除|編集キー

記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。