掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

その他
アデノカルチノーマ(肺癌)4級 について
小上馬 睦夫(大阪府) 2014/04/08
には、中国人(日本国籍所有、男性)の友人がいます。
2014年の3月に、彼の奥様が肺癌の末期で、余命を宣告されたと聞きました。
2014年1月頃、自覚症状から中国深セン市の病院で病が発覚、香港の病院で
検査し、アデノカルチノーマ(肺癌)4級と診断されました。
また、リンパ腺に転移があり、投薬で治療しています。
投薬は、「XALKORI CAP 250MG」です。
お聞きしたいのは、
1・アデノカルチノーマが発症する原因は?
2・XALKORI CAP 250MGという投薬治療の効果は?
3・アルデカルチノーマの治療方法は?
宜しくお願いします。

編集削除|編集キー

Re:アデノカルチノーマ(肺癌)4級 について
三浦裕司 (東京都) 2014/04/11
小上馬さま

東京で腫瘍内科をしているものです。
ご友人の奥様がご病気とお聞きになり、ご心痛の程お察し致します。

アデノカルチノーマ(肺腺がん)の原因は、様々であり喫煙が最も有名なリスク因子となります。しかし、喫煙歴がない方でも肺がんは発症しますし、様々な原因が関連していると考えられています。

近年のがん研究の結果、発がんに深く関わる遺伝子変異が見つかってきました。ALK(アルクと呼びます)融合遺伝子もそのひとつですが、この遺伝子を標的とした薬剤が、お尋ねのXALKORI(クリゾチニブと言う薬剤)です。
クリゾチニブは、ALK融合遺伝子を有する肺がんの患者さんに対して、世界中で標準治療として使用されている治療法でありますが、その効果については、患者さんご自身の状態などの個人差がありますので、一概には言えません。詳細については、患者さんのことを一番ご理解されている主治医とご相談させるのが良いでしょう(もちろん、小上馬さんのご友人の奥様という事なので、ご本人を通じてという事になりますが)。

下記のweb siteは、クリゾチニブを開発した製薬企業が作っているものであり、完全に公正な視点で書かれていない可能性はありますが、参考になるかもしれません。
http://xalkori.jp/top.html

ご友人の奥様が、幸せな時間を長く過ごされる事を祈念しております。

編集削除|編集キー

Re:アデノカルチノーマ(肺癌)4級 について
小上馬(大阪府) 2014/04/15
三浦様、お世話になります。
ご連絡有難うございます。
非常に分かりやすく、ご説明頂き、理解できました。
早速、ご連絡頂いた内容を友人に伝え、奥様の現状を
聞いたところ、XALKORIを服用したことで、ガン細胞が
約1/3程度小さくなったと喜んでおりました。
XALKORIは、アデノカルチーマの主因とされるALK融合遺伝子に
効果があったようです。
もう少し、様子を見て、更に効果があるようであれば、
投薬量を減らせそうだといっておりました。
有り難い助言を頂きまして、誠に有難うございました。

編集削除|編集キー

記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。