掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

患者と医療者のコミュニケーション
NHk特集でみたのですが
りん (福井県) 2015/01/17
初めて投稿いたします。

先日、NHK特集でしてたNANO?でがん治療が飛躍的に変わると結うのを見て その部分だけを攻撃でき副作用も
少なくなると見たのですが その薬はいつ日本で認証されるのでしょうか?
すい臓もわかがえるとゆうNHM?治療もいつ日本で始まるのでしょうか?

編集削除|編集キー

Re:NHk特集でみたのですが
三浦裕司 (東京都) 2015/01/18
虎の門病院で腫瘍内科をしている三浦と申します。

まず、私自身、このナノテクノロジーの分野について特別詳しい訳ではありませんので、詳細な情報をお伝えする事はできません。

ただ、この技術に限らずですが、一般的に医学の進歩は一足飛びに起きる訳ではありません。数多くの段階を科学的に経たうえで、実際の治療として世の中に出てきます。また、現在の情報化社会において、世界のどこでその開発が行われていても、現在の標準治療を変える可能性の高い期待できる治療というもの情報は入ってきます。もし、このナノテクノロジーがそうであれば、日本だけでなく世界の最先端の学会もしくは医学雑誌で取り上げられ、世界の標準治療が変わるはずです。

言って見れば、医学は植物のようなもので、世の中で無数の種を研究者が開発してます。ただし、その中で本当に患者さんの役に立つ「実」がなるものはごく一部です。そして、実をつけるためには、多くの科学的な段階をふむ必要があり、その段階を踏む毎に、それが有効な実をつける可能性が高くなればなるほど、情報は平等に世界中に行き渡る可能性が高くなるということです。

世の中には数多くの情報が溢れておりますが、それが種なのか実なのかを見分ける必要があります(中には実に見せかけた種の情報もあります)。本当は、情報を発信する側が、それを明示しなければいけませんが、残念ながら現在多くの報道において、その判断は聞き手に委ねられている事が多いのが現状です。

ご質問の答えになっていないかもしれませんが、世の中に溢れている情報に対する一般的な判断の仕方について、御参考になれば幸いです。

最終的には、この番組の制作者か、番組に出てきた東京大学の研究室に直接お問い合わせいただくのが、正確な情報を得る最もよい方法かと思います。
http://wired.jp/2015/01/05/next-world-03/

編集削除|編集キー

Re:NHk特集でみたのですが
りん (福井県) 2015/05/05
ありがとうございます。
いまだ、日本でも世界でも取り入れてないことを
感じました。
予防医学もそうですが、日本も早く自国でがんの薬を
製造きれて 患者に安く提供されることを日々患者は
思いますし、しんどくない抗がん剤の治療をしてほしいです。
それと安易な 告知はしてほしくないです。

編集削除|編集キー

記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。