掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
顎下腺腫瘍について
やま(神奈川県) 2015/05/14
顎下腺腫瘍と診断をされ、検査中です。良性悪性に関わらず手術が必要と言われています。年齢的にも76歳という高齢なのでなるべく手術は避けたいのですが、手術をしなかった場合どうなるのか心配で投稿しました。よろしくお願いします。

編集削除|編集キー

Re:顎下腺腫瘍について
三浦裕司 (東京都) 2015/05/18
突然の診断でご不安なお気持ちである事を拝察致します。
まずは手術をなるだけ避けたいというお気持ちを主治医の先生にお伝えするところから始まる様に思います。また、その時に手術をしなかった場合にどうなるのかも心配だ、と言う気持ちもそのままお伝えになるとよいと思います。
医師としても、患者さんが具体的に何に不安を持っているのか、言ってもらった方が分かりやすくてありがたい事があります(患者さんによっては、良性であっても手術でとらずに残しておく事に不安を覚える方もおりますので)。

現在検査中と言うことですが、良性であった場合と悪性であった場合で、その後の病気の経過は大分違うものになります。手術前の検査で既に悪性か良性か判断がつく場合もありますので、その時には、その結果によって、それぞれの経過と治療法のメリットでメリットをお聞きになると良いと思います。

あくまで一般的な話しですが(やま様の詳細な病状が分かりませんので)、悪性の場合、手術しないと病気が大きくなったり、他の部位へ転移する事があります。また、悪性で既に他の臓器へ転移している場合は、手術でない治療法が選択される事があります。良性の場合、手術をしなくても悪性の様に病気が進行する事は少ないですが、場合によってはサイズだけは大きくなり、美容的に影響を出したり、物理的に周りの組織を圧迫して影響を出す事もあるので、そういう場合には手術をした方が良い事もあります。

ご参考になれば幸いです。

編集削除|編集キー

Re:顎下腺腫瘍について
やま(神奈川県) 2015/05/19
ご助言ありがとうございました。
まだ、検査結果が出ていない状況ですが、ガンセンターを紹介されての検査なので 色々と不安が募ります。
これからもご助言お願いすると思いますがよろしくお願い致します。

編集削除|編集キー

Re:顎下腺腫瘍について
やま(神奈川県) 2015/06/05
おたずねします。顎下腺腫瘍として検査MRI,CT.生検などの検査の結果、腫瘍ではないらしく、顎下腺のはれは右だけでなく、外観では見えないが左側にも変化が見られ全体に腫れが見られる。疑われる病気として悪性リンパ腫、IgG4関連疾患症候群などが疑われるので一部を切り取って組織検査をしなければ判断できないといわれています。この二つの他にシェーグレン症候群という病気も当てはまるような気がしたりしています。口の渇きがひどく夜中に目覚めたり、口の渇きで朝早く起きることなど続いています。他にも考えられる病気があるのでしょうか。その表情などお願いします。
また、肺のリンパ節に晴れがあるともいわれました。
これらの病に関係あるのでしょうか?教えていただきたいです。よろしくお願いします。

編集削除|編集キー

Re:顎下腺腫瘍について
Y(福岡県) 2015/06/06
やま様

はじめまして。悪性リンパ腫や IgG4関連疾患などの診療に関わる医師です。

 検査が進んでいく中、新たに説明を受けられて、組織検査が必要であると説明を受けられたのですね。また、そのような中にあって口の渇きなどの症状があり不安な毎日をお過ごしになられていること、お察しいたします。

 ご質問の件のです。口の渇き、顎下腺周囲の腫れ、肺 (の周囲) のリンパ節の腫れに関して、悪性リンパ腫や IgG4関連疾患などの可能性があると説明を受けられたのですね。これ以外にも可能性の低い病気まで含めるといくつかありますが、病名の確定、ひいては、体調を崩されておられる理由をお知りになるためには組織検査がとても重要になります。摘出した組織に対して検査を進めることにより病名が決まり、今後の治療方針の話し合いがなされるものと考えます。やま様がお調べになったシェーグレン症候群につきましても顎下腺を含む組織診は重要な意味を持ちます。

 これから予定されている組織診とは、麻酔とメスなどを使い一部を摘出する手法です。生検部位に手術の痕が残ってはしまいますが、針で吸引する検査 (細胞診) に比べ遥かに多くの情報が得られます。

 ご質問の、それぞれの病気について「どのような顔つきか?」という点につきましては、たとえば悪性リンパ腫の場合だけを考えても、さらに細かな分類 (病名) が数十あり (100を超えると考える人もいます)、それぞれ病気の特徴が異なります。このため、組織検査の施行前に網羅的に各病型に関する詳細を書き込むことはできませんが、重要なのは、『悪性リンパ腫の場合、細かな分類 の病名 (病型、亜型といいます) まで主治医から説明を受けること』です。亜型によって病気が引き起こす症状が違うことがありますし、治療方法もそれぞれ異なります。

 悪性リンパ腫の可能性のほか IgG4 関連疾患やこれら以外の病気の場合も詳しく説明を受けられてください。IgG4関連疾患の場合はいくつかの臓器にまたがって症状が出ることがあり、『自分の場合は、"どの臓器" が IgG4関連疾患として気を付けなければならないのか』を知り、主治医たちと治療方針を考えていくことが大切です。

 ご参考までに、やま様のお調べになったシェーグレン症候群につきまして、確かに口の渇きを起こす病気です。この場合、病名の推定に血液検査が役立つことがあります。抗SS-A抗体、抗SS-B抗体が陽性 (+) であれば、シェーグレン症候群の可能性は高いです。類似の症状を引き起こす IgG4関連疾患はシェーグレン症候群そのものではなく別の病気であると現在では考えられています。IgG4関連疾患の場合は抗SS-A抗体、抗SS-B抗体は陰性 (-) であることが通常で、血液中の IgGや IgG4が高くなることがあります。ですので、血液検査の結果をお持ちでいらっしゃる場合はこれらの結果をご確認いただければと思います。ただし、この血液検査の結果も完璧なものではないことをご理解ください。色々な所見を組み合わせて病名の確定 (診断) が行われます。

 度重なる検査でご不安も多いかと察します。組織診が終わった段階で、ご自身が受けられてきた検査を振り返る時間を取っていただき、疑問点が生じた場合はその都度、主治医などに尋ねられてみてください。今回、やま様が疑問に感じられたシェーグレン症候群に関しても主治医の先生にお尋ねになられるのもよいかと思います。直接の質問がためらわれる場合は看護師など他の外来スタッフに伝えてもらうよう頼むこともできるでしょう。

 突然の体調不良で病気のことを受け止めることだけでも精一杯だと思います。ゆっくりでも結構ですのでご自身の思いを医療スタッフにお伝えになり、医療スタッフとの良好なコミュニケーションを構築していただくことが今後の大きな支えになると思います。

編集削除|編集キー

Re:顎下腺腫瘍について
やま(神奈川県) 2015/06/06
丁寧なお答えありがとうございます。とても参考になります。
次回の診察日7/8に追加の血液検査(何という血液検査が聞かなかった)の結果と生検をするかどうかの返事をすることになっています。また、ご相談させていただくことになるかと思いますがよろしくお願い致します。

編集削除|編集キー

Re:顎下腺腫瘍について
Y(福岡県) 2015/06/06
やま様

漠然としたお話だけになりお役に立てたかどうか分かりませんが、お返事を有難うございました。

再度ご投稿くださるのもよろしいかと存じますが、最も重要なのはかかりつけの医療機関とのコミュニケーション構築です。このような掲示板でのやりとりはいただける情報量が限られており、我々医療従事者も掲示板の内容のみで判断は困難な状況であることをご理解ください。

7月8日に外来を控えていらっしゃるとのこと、ご受診の際にはリンク先 (MD アンダーソンがんセンター教授の上野先生のコラム) を事前に読まれた上で受診されるのはいかがでしょうか。きっと役に立つと思います。

http://www.teamoncology.com/column/column_ueno.php4?f=130206.inc

主治医の説明で不明な点がある場合は質問をなさること、それでも不明な点が残る場合はセカンドオピニオンを受けられることも有効です (この掲示板につきましてはセカンドオピニオンに相当する内容への回答はできないことになっております。)。セカンドオピニオンを行うことは主治医の説明をより深く理解することにもつながります。

やま様が納得できる形で医療を受けられることを願っております。

編集削除|編集キー

Re:顎下腺腫瘍について
さくら(岐阜県) 2020/02/01
急にすみません
6日前から顎の左下に違和感があります
さわると右と少し違う気がしてこわいです
顎下腺腫瘍だったらどうしようと思うんですがどう思いますか?
症状としては
顎の左下がすこし腫れてる気がする
最初の1日2日は痛みはあり
なにかわかることがあれば教えてください
お願いします

編集削除|編集キー

Re:顎下腺腫瘍について
看護師F(広島県) 2020/02/03
さくらさま

本掲示版へのご相談ありがとうございます。
広島県で看護師をしておりますFと申します。

まず、はじめに
ここは患者さんを診察や、診断をするサイトではなく、
患者さんやそのご家族の抱える不安や心配、相談について
掲示版という限られた情報の中で、私たちに出来ること、あればその一助となればと、
各専門職種によるチームで活動させていただいておりますことを
以下、ご了承頂ければと思います。

いつもと違う症状に不安ですね。
お話を整理しますと、
さくらさんの自覚症状としては
最初あった痛みはなくなり、
今は左顎下の腫れが残っている状態ですね。

これまでに発熱はありましたか?
腫れは大きくなってはいませんか? 
記載がないので、
これらがないことを前提に
最初にあった痛みと、今の左顎下の腫れについてお話を進めますね。

痛みと腫れのある場所とその経過が大事です。
顎下腺なのか、あるいはリンパ節なのか、その他なのか。
腫れは今後も残るのか、引いていくのか。
顎下腺やその付近が腫れる症状の原因は一時的な感染や炎症なども含め非常にたくさんあり、その中でも顎下腺腫瘍の頻度は実はそれほど高くはありません。
いずれにしても
私たちの意見として、
さくらさんが最も心配されている状況(顎下腺腫瘍)か否かを鑑別する意味でも
一度、最寄りの耳鼻咽喉科への受診をお勧めさせて頂きます。

編集削除|編集キー

Re:顎下腺腫瘍について
さくら(岐阜県) 2020/02/04
顎下腺腫瘍について質問です
私は高校一年生の16歳です
この年でなることはありますか?
顎下腺腫瘍の場合どれくらいで大きくなるのでしょうか
やっぱり10日くらいで大きくなるのはおかしいでしょうか?
私のしこりは少し硬めでひにひに大きくなっています。
熱はありません
今週病院に行こうと思いますがすごく心配です❗️
自分で確認できることがあったら教えてください

編集削除|編集キー

Re:顎下腺腫瘍について
M(奈良県) 2020/02/06
さくらさま

状況を教えて下さりありがとうございます。
関西で医師をしておりますMと申します。
10日ぐらいで日に日に大きくなっているというのは不安ですよね。
少し前に看護師のFさんが回答してくださったように、顎下腺やその付近のリンパ節などが腫れる病気はたくさんあります。
この年でなることはありますか?というご質問について、顎下腺腫瘍に関してはないことはないが頻度は非常に低いと思います。
ただ、この掲示板では実際にさくらさんを診察することはできないため、この病気が疑われますよ、とか、こうしたらいいですよ、ということはできません。
病院に行ってしっかり診てもらうのが、安心への一番の近道だと思います。
とはいえ、心配な気持ちもとてもよくわかります。
まずは何が心配なのか、行く前に紙に書き出すのはいかがでしょう。
何が心配なのかがわかれば、少し落ち着くかもしれません。
一日でも早く安心できる日が来ることをお祈りしております。

編集削除|編集キー

Re:顎下腺腫瘍について
なる(北海道) 2020/02/14
顎の下が2日前に異常に腫れだし痛みを伴い病院を受診しました。
一年ほど前からしこりの存在には気付いていたのですが痛みもなく気にせず生活していましたが2日前そのしこりも異常に大きくなり周りも腫れています
先生が言うにはまだなんとも言えないといわれたました。
これでガンですか?

編集削除|編集キー

記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。