掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
胆嚢癌の臨床試験をアメリカで探すこと
よしみ(海外在住) 2017/06/25
イリノイ州に住んでいます。胆のう炎の腹腔鏡手術中に胆嚢癌と分かり開腹手術をし胆嚢と近くのリンパと肝臓の一部を取りました。お医者様の話では胆管も硬かったので外側に癌の可能性と肝臓にも取り切れていない癌が残っているだろうとの事。
ステージはⅢと言われています。
現在は再手術を予定しながら抗がん剤ジェムザールとオキサリプラチンを受けています。
今後、機会があればアメリカで治験を希望しています。
日本国籍でビザで住んでいても参加は可能でしょうか?
探すのは自分自身でしょうか?主治医に自分に合ったものがあれば教えてもらうことは可能でしょうか?
英語が片言なこととアメリカの医療制度が良くわからずこちらで教えていただければと思いました。
よろしくお願いします。

編集削除|編集キー

Re:胆嚢癌の臨床試験をアメリカで探すこと
上野 直人(海外在住) 2017/06/25
米国で腫瘍内科医で仕事をしています。
臨床試験の参加と国籍は関係ありません。
いくつかのポイントをお伝えします。

1. 保険があるかないのか。
2. 米国の保険があるなら、どの病院にいけるのか?
3. 州外の病院でも保険が適応できるのか。

もちろん、理想的なのは、米国の保険があり、どこの病院にもセカンドオピニオンを求められる状況です。

一番手っ取り早いのは、行きたい病院に連絡をすると、保険に関して適応できるかできないかの判断がそれぞれの病院で判断してくれる可能性が高いです。

NCI指定がんセンターなら、様々な治療を探すことができるかもしれません。ただし、胆嚢癌は、米国ではまれな癌の部類に入るので、規模の大きいがんセンターでのコンサルトをおすすめします。例えば、MDアンダーソンがんセンターあるいは、Memoral Sloan Ketteringなどが如何でしょうか。

コンサルトを通して自然に米国では臨床試験の話がでてくるのが一般的です。

編集削除|編集キー

Re:胆嚢癌の臨床試験をアメリカで探すこと
よしみ(海外在住) 2017/06/26
上野様 ありがとうございます。
保険は1.2.3ともクリアしています。現在はシカゴのダウンタウンにある病院で治療していますが臨床試験については話せていません。4クールの抗がん剤後は再手術の前にもう4クールの抗がん剤と放射線もする可能性があるようです。

今の病院でコンサルトを確認することも必要でしょうか?

教えていただいたがんセンターのコンサルトをお願いする場合はメール等のやり取りで構わないのでしょうか?
その場合は今のお医者様に承諾を取って行うものなのでしょうか?

コンサルトという言葉をよく理解できていないのでこんな質問になってしまいました。

私のがん遺伝子は、CDKN2A/B TP53 のようです。
これらで受けられる遺伝子治療等を探していきたいと思っているのですが…。

編集削除|編集キー

Re:胆嚢癌の臨床試験をアメリカで探すこと
上野 直人(海外在住) 2017/06/26
すべてをクリアしているなら、行きたい病院に連絡をするのみです。

大切なのは、臨床試験に参加することでなく。
まずは、最善の治療を受けているかの確認する必要があります。その上で、臨床試験の意義の確認する必要があります。

編集削除|編集キー

Re:胆嚢癌の臨床試験をアメリカで探すこと
よしみ(海外在住) 2017/06/27
上野様 ありがとうございます。
「最善の治療」が癌初心者にはわかっていません。
今の先生方はもちろん最善を尽くすと言ってくださいます。
それでも胆嚢癌ステージⅢ、転移今はなしの状況だと今抗がん剤をすることが良いのか再手術を早くしてくれる病院を探すのが良いのか判断できません。
今の先生方を信じつつ色々な選択肢を知識として持ちたいと思っています。
MDアンダーソンがんセンターはもちろん通える場所ならば一番に行っていた場所だと思いますが継続的に治療を受けるのは難しいのかと考えています。
その中で自分に合う治験や臨床試験ならば遠地でも参加出来るのか出来ないのか参加出来るのなら手順などを知りたいと思っています。

最善の治療、受けられれば後悔はないと思います。
けれど自分ではわからないです。

客観的に私の今の状況で最善の治療は何だと思われますか?

編集削除|編集キー

Re:胆嚢癌の臨床試験をアメリカで探すこと
上野 直人(海外在住) 2017/06/27
ネット上で個人レベルで最善の治療であるかをアドバイスすることはできません。

ですので、まずは、胆管癌の情報を読んで、主治医あるいはセカンドオピニオンの先生と質問をすることが大切です。主治医にベストは何かと聞いても、ストレートに答えられない現実が多々あるので、どこまで詳細に主治医が説明してくれるかは、患者自身の情報処理能力と知識レベルが影響します。残念ながら医療は、思ったほど白黒ではないんですね。

米国における胆管癌の治療情報に関しては、
NCCNのガイドラインなどが一番いいと思います。
あるいは、胆管癌などの患者会のサイトにコンタクトするのがベストです。

編集削除|編集キー

Re:胆嚢癌の臨床試験をアメリカで探すこと
よしみ(海外在住) 2017/07/06
上野様

ありがとうございます。Rushでの再手術を目指していましたが、今日外科の担当医と話したところCA19-9が6000台と高いので今行っている6クールの抗がん剤が終わったら放射線と抗がん剤をつつける予定だと言われました。CA19-9がいくつになれば手術するのかは決められないとの事は理解できましたが、たぶん肝臓にも転移があると言われ、この病院での手術の可能性は少ないのかと思っています。

今後進行することも考え日本での治療を考えています。

出来ればアメリカでの治療の継続を希望していましたが胆嚢癌は日本での治療が良いのかもしれません。

色々とご助言いただきありがとうございました。

編集削除|編集キー

記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。