掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
ROS1の意義不明fusionが検出され​た子宮頸部小細胞がん
H.Y (東京都) 2018/05/24
妻が子宮頚部小細胞癌の再発で治療中です。次の薬の選択肢がないため、遺伝子解析(MSKインパクト)を受けたところ、ROS1の意義不明fusionが検出されたとのこと。
検査担当医の見解では、「このROS1がドライバー遺伝子である可能性が高い」とのことでしたが、主治医に相談したところ、治験は現在なく、意義不明fusionではクリゾチニブも使うことはできないとのことでした。再発当初から、主治医は緩和ケアを主眼として積極治療には乗り気でない状況です。当方としては、妻はまだ元気で体力もあり、あきらめきれない状況で、クリゾチニブが効く可能性があるのなら、最終的には自費ででも使うことを考えています。クリゾチニブの使用について、効果とリスクの面からどう思われますでしょうか。また、研究ベースでも何でも、国外でも構いませんので、ROS1を対象とし、部位を特定しない治験等はありませんでしょうか

編集削除|編集キー

Re:ROS1の意義不明fusionが検出され​た子宮頸部小細胞がん
S(東京都) 2018/05/31
H.Y.さま。腫瘍内科医のSと申します。奥様の治療中とのこと、ご心労お察しいたします。
MSKインパクトでROS1の意義不明fusionが検出されたとのことですが、fusionに限らず意義不明はやはり意義不明以上のものにはなり得ません。ドライバーであることがわかっていない以上、ROS1をターゲットとした薬剤の治療対象にはならないと考えます。仮にクリゾチニブなどのROS1阻害剤を使うことができ効果が見られたとしても、再発がんに対する薬物療法の効果は一時的なものです。一方、意義不明にも、ドライバーの可能性の低い意義不明と可能性の高い意義不明とがあります。実際にその検査結果を知っている検査担当医が、意義不明のfusionを"ドライバーの可能性が高い”と判断した理由を聞いてみても良いかもしれません。
治験に関しては、https://clinicaltrials.gov などで検索すると見つかる可能性がありますが、その場合も多くは”意義不明fusion”は適格外としていることが多いと思います(治験ごとに異なります)。

編集削除|編集キー

Re:ROS1の意義不明fusionが検出され​た子宮頸部小細胞がん
H.Y (東京都) 2018/06/01
お忙しい中アドバイス頂き、誠にありがとうございます。ご意見を参考にさせて頂き、引き続き自分に出来る限りのことをしていきたいと思います。
私の投稿で、1点訂正させてください。
「ドライバー遺伝子である可能性が高い」というご発言は、MSK の検査を担当して下さった医師の発言ではありません。当該の先生からは、検査結果を治療に繋げるべく、大変なご助力を頂いておりますが、意義不明であることの意味合いも十分にご説明頂いております。当方はMSK 以外の遺伝子検査や、セカンドオピニオンも多数受診しており、その中で他の医師から頂いたご発言でした。
簡潔な投稿にしようと省略してしまい、不正確な内容になってしまったことをお詫び申し上げます。

編集削除|編集キー

記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。