掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
抗がん剤を続けるかどうか
みやゆう(山形県) 2019/04/23
乳がん、部分切除、リンパ転移なし。
ステージⅢb。

FEC三回終え、ドセタキセル初回で好中球減少による副作用で急遽入院しました。
FECでも毎度発熱し入院してました。
これまでは四日目には退院できてましたが、
今回は倍の日数かかりそうです。


本題ですが
肝機能の副作用が強く出てたそうで
次回もドセタキセルをやるのか
(主治医も悩むほど)
FECに戻るのか
抗がん剤自体をやめるのか。

再発ではなく予防のための治療です。
このあと、放射線、ホルモン治療となります。

次回連休明けの予定ですが
その前に早急に決めなくてはいけない状況です。

全く同じでなくてもいいので、助言、体験談などお待ちしております。

編集削除|編集キー

Re:抗がん剤を続けるかどうか
S(鳥取県) 2019/04/24
みやゆうさま
お名前が目に留まったのでお返事してみました。鳥取の腫瘍内科Sです。投稿ありがとうございます。治療が進んでいることが伝わり嬉しく思います。具体的な治療方針に関してはこの掲示板でお答えすることができませんのでご容赦ください。
ドセタキセル(タキサン系)の治癒に対する上乗せ効果や、肝機能の副作用はどれくらい(グレード表記されます)なのか、代わりになる治療法はどのようなものがあるかなど、担当医に質問されてみるのが第一歩のように感じました。どのように副作用を管理されているのかは解りませんけれど、工夫次第で、もう少し楽に治療を続けられるかもしれません。発熱に関係している可能性が高い白血球減少(好中球減少)に対しては予防薬(商品名:ジーラスタ)がありますので、もしご使用でなかったら担当医に是非相談してみてください。
「再発のためではなく予防のための治療」と書いてくださいました。再発後に乳癌と向き合いながら行う治療は大切だと思います。一方で、実施する時期が限られ、乳癌を完全に治すために行う「予防」の治療を、個人的にはとても大切に考えています。みやゆうさまの辛さ、価値観と担当医の考え方を良く話し合ってすり合わせる時間が必要なように思います。担当医が示してくれる治療方針について、それぞれのメリット・デメリットを具体的に質問し、確認してみてください。担当医とお約束されて、一度ゆっくり話し合ってみてはいかがでしょうか。

編集削除|編集キー

Re:抗がん剤を続けるかどうか
みやゆう(山形県) 2019/04/24
早速の返信ありがとうございます。

主治医からはまだ答えは出てませんが
ドセタキセルは蓄積していくとのことと
主治医も悩むほどなので恐怖が勝ってます。

看護師さんにも相談して
やはりどうにか工夫して続けるのがいいことはわかってます。

あと2回、ここにきてまたFECに戻るのかと思うと憂鬱です。

主治医の答えを聞いたら
また迷うかもしれないと思います。

後半戦に入ったのに
心折れてる自分が情け無いです。

主治医の答えを待ってみます。

また相談するかもしれません。
その時はよろしくお願いします。


編集削除|編集キー

記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。