掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
若年性乳がん ホルモン療法の副作用について 閉経の件
みょんみょん(神奈川県) 2019/07/10
はじめまして。よろしくお願いいたします。

乳がんで乳腺全摘後(ルミナールA ステージ1)、抗がん剤なしで5年間のタモキシフェンとリュープリン を主治医に勧められました。現在の年齢は35歳です。

ポジティブ試験を希望しておりまして、ホルモン療法を2年実施した後、妊活再開予定です。
婦人科の主治医からは、タモキシフェンやリュープリン による非可逆的な副作用はなく、健康な方と同じように生殖機能も2年歳をとるだけ、と言われました。乳腺科の主治医からも、非可逆的な副作用はないと説明がありました。

ところが、他の乳腺科の先生が「36歳以上の方は、リュープリン を使うと抗がん剤を使用していなくても閉経が早まることがある。」とおっしゃっているのをお聞きしました。

また、婦人科の主治医から、ホルモン療法を受けるとAMHは外見上0になると言われました。外見上なので、妊活再開における身体的な条件は健康な方と変わらない、と説明を受けました。


そこで先生方にお伺いしたいのですが、
①タモキシフェンやリュープリン に、閉経を早めるというような、妊活に影響を及ぼす非可逆的な副作用はありますか?
②タモキシフェンやリュープリン を受けると、なぜAMHが外見上0になってしまうのでしょうか。


お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

編集削除|編集キー

Re:若年性乳がん ホルモン療法の副作用について 閉経の件
S(神奈川県) 2019/07/14
ご投稿を拝見させていただきました。治療の経過などを教えてくださり有難うございました。医師のSと申します。チームで相談をいたしました。回答を申し上げます。手術後にホルモン療法を2年実施した後、妊活再開のご予定とのことですね。ポジティブ試験にご参加のご様子ですので、妊孕性の温存に関するご質問の回答を得られやすい環境かもしれません。治療に対してご納得して決定することが大切だと思います。タモキシフェンやリュープリン に関連した非可逆的な副作用についてやAMHに関するご質問について是非、主治医(乳腺科、産婦人科)の先生や薬剤師さん、看護師さんにお尋ねになられてはいかがでしょうか。みょんみょん様、この度はご投稿を有難うございました。チーム一同応援しております。

編集削除|編集キー

記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。