掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
線維腺腫からの乳がんについて
ふじさん(大阪府) 2019/08/18
はじめまして。先日乳がん告知を受けたものです。
2年半前に胸にシコリを見つけ、乳腺科を受診し、組織を採取したところ線維腺腫との結果でした。まれに大きくなることがあり、その場合は手術で摘出する場合もある。線維腺腫が悪性化することは絶対にない。との説明を受けました。大きさはパチンコ玉より小さいくらいで、かなり硬いしこりでした。
検査では針を刺したのですが、組織を取ったのか細胞を取ったのか定かではありません。

classⅢaでした。

その半年後の乳がん検診でのマンモグラフィの結果は異常なし。

シコリは徐々に大きくなり2cm強になりました。どのくらいの大きさで手術が必要になるのか気になりながら受けた今年の検診で乳がん告知されました。

前回検査した施設と同じ施設、先生です。
シコリの場所は前回と同じ場所とのこと。前回の結果から、今回の結果に変わった原因は不明とのことなのですが、どのような原因が考えられるるでしょうか。

今回の結果は以下の通りです。

ER ほぼ100%
PgR ほぼ100%
HER2 1+
Ki-67 25%

シコリの大きさ乳房2.2cm 脇下リンパ1cm

これから治療を開始するにあたり、自分の中で納得して進めたいと思い質問させていただきました。

どうぞよろしくお願いいたします。

現在

編集削除|編集キー

Re:線維腺腫からの乳がんについて
y(千葉県) 2019/09/08
ふじさんさまへ
せっかくご相談いただいたのに、お返事遅くなりまして申し訳ございません。
ご自分でしこりに気づき、受診され、検査もして、悪性化することは絶対にない、と言われたのに、乳がんと告知されたとのこと。納得いかない、というお気持ちになるのも当然だと思います。そんな中、これから治療を開始するにあたり自分の中で納得して進めたいというお気持ち、すばらしいちからだなと感じました。

私は看護師ですが、私たち仲間の専門の医師に教えてもらいました。
線維腺腫そのものは、葉状腫瘍と鑑別がつかない事はあるのですががんになることはありません。
しかし実はふじさんの様なケースはしばしばあるようです。
可能性として考えられることは、
1、前回の時にはシコリが小さかったため、針を刺してとった検査(おそらく細胞診)の時にがんがあるところから検体が十分採取されていなかった可能性。あるいは細胞診では良性と診断される程度、上皮細胞の異形が乏しかった(正常な細胞とそれほど異なる形態ではなかった)可能性。
2、線維腺腫内の乳管からがんが発生した可能性
3、線維腺腫の近くからがんが発生した可能性
があります。
2や3は稀ながらもこれまでに学会などで報告があるとのことでした。

これから治療を開始されるとのこと。また迷ったり疑問に思われたりすることがあるかもしれません。主治医の見立てや説明を信頼できること、ご自分の方針に納得できることは、重要です。そのためには、こちらの掲示板を利用していただくことはもちろん歓迎ですし、何より、一番ふじさん様のご病気を近くでみている主治医と納得いくまで話し合えるといいなと思います。看護師や相談室もぜひご活用ください。

編集削除|編集キー

記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。